加古川市、都市の安全・安心を実現するスマートシティプロジェクトを推進

兵庫県加古川市では、加古川市まち・ひと・しごと創生総合戦略にもとづき「子育て世代に選ばれるまち」の実現に向けて、都市の安全・安心を柱とする情報通信技術利活用基盤を活用した取組を推進している。

これにより、市民の満足度や生活の質(QOL)向上を目指し、地域課題の解決を図ることが狙いだ。特に、安心して子育てを行う環境の整備や、高齢化社会に対応するため、地域総がかりで見守る地域コミュニティの強化に注力している。

まちの安全・安心の実現に向けて、市独自の先行事業(平成29・30年度)として、通学路を中心に見守りカメラ・見守りサービス検知器を市内1,500箇所に整備中だ。

また、官民連携の取組みとして、複数の見守りサービス事業者の見守りタグ(BLEタグ)の信号を受信できる、日本初の見守りサービス検知器も開発。今後、これらの社会インフラを活用しつつ、子どもや行方不明のおそれのある高齢者等をはじめとして市民の暮らしを防犯設備面から支援する。

先行事業を受けて、同事業では、①安全・安心分野での先行事業のサービス拡張、②それ以外の分野にも取組を拡大する(総務省:H29年度データ利活用型スマートシティ推進事業に選定)。

①では、市のスマートフォン向け公式アプリ「かこがわアプリ」の見守りタグ検知機能並びに郵便車両に搭載したIoT機器を活用し、よりきめ細かい日本初の見守りサービスを導入。

②では、複数分野のデータを収集し分析等を行う基盤(プラットフォーム)を整備し、行政情報ダッシュボードの公開による市保有データの可視化・共有化を実現。今後、有識者や民間事業者、見守り活動を行う市民ボランティア等の多様な主体が参画できる取組体制を構築予定だ。

なお、同事業は、株式会社日建設計総合研究所、株式会社日建設計シビル、日本電気株式会社(NEC)、株式会社フューチャーリンクネットワーク、株式会社システムリサーチ綜合警備保障株式会社が共同で取り組んでいる。

【関連リンク】
加古川市ホームページ

Previous

NVIDIA・Oculusなど、VRヘッドセットと他のデバイスを接続するオープン規格「VirtualLink」を発表

AI×IoT時代に向け、アドバンテックと東京エレクトロンデバイスが「エッジコンピューティング」の推進を発表

Next