AI×IoT時代に向け、アドバンテックと東京エレクトロンデバイスが「エッジコンピューティング」の推進を発表

アドバンテックは、 東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)と、両社のパートナーシップを強化し、 「エッジコンピューティング」を共に推進すると発表。従来の組込みハードウェア単体のビジネスからIoTソリューションビジネスへの変革を目的として、 Microsoft Azure連携のIoTエッジコンピューティングソリューションを共同開発し、その販売を推進する。

アドバンテックとTEDは以前より組込みビジネスのパートナーとして協業を行っていたが、今回、日本における更なる市場拡大を目指すアドバンテックと、組込みハードウェアの販売やMicrosoft AzureクラウドサービスとのインテグレーションでAI×IoTソリューションの販売の強化を目指すTEDは、パートナーシップの強化で合意。

エッジコンピューティング推進の第一弾として、 工場の装置の状態を可視化して稼働の効率化を図る「工場見える化キット」を共同開発中で、今後一般での販売も視野に入れ、 TEDの連結子会社である株式会社アバール長崎の本社工場で実証実験を開始する予定だ。

Previous

加古川市、都市の安全・安心を実現するスマートシティプロジェクトを推進

NEC、IoTシステム向け産業用コンピュータを発売

Next