NEC、IoTシステム向け産業用コンピュータを発売

NECは、5年間の長期供給と、供給終了から最大10年間の長期保守を行う、2Uラックマウント型産業用コンピュータの新製品2機種を発売する。

製造分野においては、Industrial IoTに代表されるように、生産性や品質の向上を目的に、装置や各種センサーから得られる大量のデータをリアルタイムに収集・可視化し、AI等を用いて収集データを現場で分析・予測・制御するニーズが拡大している。

さらに、放送・医療分野などでは高精細な画像を、ビル・公共施設などでは大量の映像データを扱うなど、大量・大容量なデータの高速・高精度な処理を、高信頼かつ長期的に安定して運用可能なIoTシステム構築が求められている。

今回発売される製品は、奥行531mmのコンパクトな筐体サイズで、長さ280mmの拡張ボードを実装可能とするなど拡張性を強化。また、耐環境性能や、固定ディスク、電源ユニット、空冷用ファンのホットスワップ対応など可用性の実現も継承した。

さらに、上位機種「FC-R24W」はサーバ向けCPUのインテルXeon E5-2680 v4プロセッサー(14コア、2.40GHz)を搭載することにより、処理性能を従来比約3倍(NEC製「FC-R20W」との比較)に向上。これにより、画像や映像などの大容量データの高速処理を可能とした。

【製品名、価格】
■FC-R24W
・価格(標準構成時※、税別):1,587,000円~
■FC-R16W
・価格(標準構成時※、税別):1,154,000円~

※標準構成:メモリ8GB、SAS HDD(600GB)x2 RAID1、冗長電源有り、DVD-ROM、Windows Server 2012 R2

Previous

AI×IoT時代に向け、アドバンテックと東京エレクトロンデバイスが「エッジコンピューティング」の推進を発表

DJI、ドローン測量を効率化する「MATRICE 600 PRO for TS」を発表

Next