SKYFchain、ブロックチェーンを活用したドローン向けスマートコントラクトα版をリリース

企業:

ドローンオペレーティングプラットフォーム開発のSKYFchainは、ブロックチェーンに基づいたドローン向けスマートコントラクトプラットフォームのα版を7月5日にリリースした。

ドローンビジネスではドローンを利用する際の当局の許認可やあらゆる規制、また受発注契約、保険契約などあらゆる煩雑な手続きが発生する。SKYFchainではブロックチェーンに基づいたスマートコントラクトを採り入れることで、こうした手続きの処理を自動化し、履歴を残すことができる。

今回リリースされたα版プラットフォームにはいくつかのコア機能が含まれている。ドローン製造業者、サービス会社、銀行、保険会社など8つのシステムアカウントプロファイルの選択肢をユーザーに提供。サインイン後、ユーザーはダッシュボード上で稼動中の自律車両(ドローン)を確認し管理することができる。

このシステムは、輸送タイプ、型式、モデル、運搬能力、位置情報、及びメンテナンスまでの残り時間によって利用可能な車両を分類。ミッション中のドローンは、タイプ、ミッション、ルート、及びいくつかの追加パラメータによって分類される。

SKYF's flights

ユーザーはシステム内のすべての車両のプロファイルを確認可能。データには、コスト、テクニカルパラメータ、マシンの記録や認証、位置情報と経路のログ、トランザクションの履歴と詳細、完了したミッション、テクニカルメンテナンスの記録が含まれる。ユーザーの口座には、貸借対照表と預金が複数の通貨で表示される。

なおSKYFchain上で利用されるSKYFTトークンは、仮想通貨取引所であるBitForexで8月より取り扱いが開始される。

【関連リンク】
SKYFchain

Previous

NTT西日本、コンタクトセンター向けAIソリューションを外販へ

ブリヂストン、タイヤ性能試験の無人自動運転化に向けた開発プロジェクトを開始

Next