フルタッチスクリーンのスマートウォッチ「ZeTime」、 スマートバンド「ZeFit4」「ZeFit4HR」が発売

企業:

スイスのウェアラブル端末メーカーMyKronozの日本代理店であるMSY株式会社は、フルタッチスクリーンを採用したハイブリットスマートウォッチ「ZeTime(ザタイム)」とカラータッチスクリーンを持ったスマートバンド「ZeFit4(ザフィットフォー)」、同モデルに光学式心拍センサーを内蔵した「ZeFit4HR(ザフィットフォーエイチアール)」を本年7月31日より日本で正式発売する。

「ZeTime」

「ZeTime」(トップ画像)はスイス時計の伝統美とスマートウォッチの技術を融合したハイブリットスマートウォッチ。前面には衝撃や傷に強い高品質のサファイアガラスを採用。ステンレススチール製の本体は、シーンを選ばず利用できるデザインだ。

フルタッチ対応のカラースクリーンは直感的な操作が可能。通知やアクティビティ、「ZeTime」のアプリ操作などが手軽に行える。スクリーン上の通知を読む際には、アナログ針が3時-9時で水平になる「スマートムーブメント」機能を搭載。画面の視認性を最大限にし、テキストがはっきりと見える。

「ZeTime」のその他の特徴は以下の通りだ。

  • 一度の充電で最大30日持続:
    消費電力を抑えるため、独自のOSを使用。またディスプレイを自分に向けたときのみ表示する「スマートクラウン」機能を搭載。アナログモードで最大30日間、スマートウォッチモードで最大3日間バッテリーが持続。
  • スマートフォンと連動した通知や遠隔操作機能:
    手持ちのスマートフォンとBluetooth接続を行うことで、「ZeTime」のスクリーン上にさまざまな通知を表示。通知は着信やEメール、カレンダーに加え、LINE、Twitter、Instagram、Facebookなどの各種SNSに対応。音楽再生をリモートコントロールする機能を持ち、再生/停止/スキップなどの操作が行える(リリース時点:Apple Music,Google Play Music, Spotify, Deezerに対応)。リモートコントロール機能ではスマートフォンのカメラを遠隔操作して写真撮影も可能。
  • アクティビティトラッカー&睡眠モニター:
    3軸加速度計と光学式心拍センサーを備えたことで、心拍、歩数、移動距離、カロリー消費、活動時間と睡眠をトラッキングできる。また、専用のアプリケーションにより目標の設定や、目標に向けたリマインド機能を搭載。
  • 5気圧防水対応:
    水仕事などでも使用できる5気圧防水を備えており、水濡れを気にすることなく利用できる。
  • タイムゾーンに合わせた自動時間調整:
    異なるタイムゾーンの場所へ移動しても、時計の針をその都度調整する必要はない。「ZeTime」はスマートフォンと連携し、タイムゾーンに合わせて自動で時間を調整する。

バリエーションとそれぞれの希望小売価格(税別)は以下の通り。

  • ZeTime:      23,880円(シリコンバンド)
  • ZeTime Premium: 27,880円(レザーバンド)
  • ZeTime Elite:  29,880円(メタルバンド)

アプリケーションはAndroid、iPhoneの両OSに対応。通知の設定や、アクティビティトラッカーのログ、睡眠モニタリングの閲覧などを行える。※Android4.3以上、iOS8.0以上対応

次ページ:>ZeFit4・ZeFit4HRの特徴

Previous

IoT体験宿泊施設スマートホステル®の6号店「&AND HOSTEL ASAKUSA STATION」が8月1日よりオープン

AIロボットと”ガンダムトーク”、機動戦士ガンダム「ガンシェルジュ ハロ」予約受付開始

Next