ゴルフ用・距離計測アプリ搭載のスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」が発売

Galaxyは、円形のリアルウォッチデザインを採用したウェアラブル端末「Galaxy Gear S3」に、ゴルフ用距離計測アプリ「Golf with SMART CADDIE」を搭載した「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」を本年8月2日より、全国の家電量販店、主要ECサイト等にて販売を開始する。

「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」は、全世界6万か所以上(日本国内は約2,260か所)のゴルフコースに対応。GPSセンサー搭載で、現在地からグリーンまでの距離やコース全体がより正確に把握できるほか、全国のゴルフ場の高画質なコースビューが見れるなど、フィールド攻略に役立つ。

自動アップデートを通し、マップデータとラウンド記録を継続的に管理・更新。ショット追跡機能では、ショットの位置からワンタッチで位置登録ができ、事前にコースデータをダウンロードしておけば、スマートフォンと連携しなくても使用可能だ。

ラウンド中のスコア入力も、自動ホール認識機能でホール毎にスコア入力画面がポップアップで表示されるため、ベゼルを回してダブルタップするだけ。直感的な操作でラウンド中のスコア入力もできる。

ラウンド終了後にはスコアが保存され、スマートフォンやパソコンからショットの位置確認が可能であり、日々のゴルフライフをサポートする。

同製品は、「Galaxy Gear S3 frontier」と同様に、IP68防水と、米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)に準拠した耐久性と堅牢性を備え、実生活でより安心して使いやすい機能とデザインを搭載。

日常では「Galaxy Gear S3」の便利な機能を、フィールドでは「Golf with SMART CADDIE」アプリで正確で臨場感のある距離測定が可能。380mAhの大容量バッテリーを搭載し、通常モードの利用で最大4日間、省電力モードの利用で最大5日間の電池持ちを実現した。

【関連リンク】
「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」詳細ページ

Previous

オプティム、IoTとドローンで「スマート林業」への取り組みを開始

ジョージ・アンド・ショーン、認知症の予知を行う機械学習プログラムを開発

Next