ISIDとAI insideが協業、AIを活用し金融機関の業務プロセス効率化を支援

株式会社電通国際情報サービス(以下、ISID)と AI inside 株式会社は、AI inside が開発・提供する AI 技術を搭載した OCR(光学的文字認識)サービス「DX Suite(ディーエックス スイート)」の販売パートナーシップ契約を締結した。

同契約に基づき、ISID は金融機関向けに DX Suite の販売を開始し、RPA や ISID が持つ金融機関向けソリューションと連携させることで、業務プロセス全体の効率化を支援する。

日本の労働人口の減少が急速に進む中、多くの企業にとって業務効率化は喫緊の経営課題だ。その解決策の一つとして、RPA や AI 等の最新技術を活用した定型業務の自動化が進んでいる。

しかし、それらを活用する上で障壁となっているのが、紙で取り扱われることが多い契約書類やアンケート、会議資料等のデジタル化だ。中でも金融機関においては、融資や口座開設の申込書等手書きの定型書類を扱う業務が多く、それらをデジタル化するソリューションが求められている。

これまでにも OCR を活用して紙文書のデジタル化は行われてきたが、従来の OCR は読み込み精度が低く、全体的な業務効率化が進められないことが課題となる場合があった。

AI insideが開発したDX Suiteは、ディープラーニングを活用した画像認識技術と文章の前後関係を判定する自然言語解析の組み合わせにより、手書き文字や活字をデータ化。機密性の高い書類は、読み取る過程で情報を分離・匿名化して管理することができるため、高いセキュリティレベルを担保する。

Previous

isaax、IoTエンジニアを6ヶ月で育成するキットを提供開始

ジャパンディスプレイ、鏡がディスプレイに変化するIoTドア「FULL HEIGHT MILAOS」を開発

Next