エクソンモービル、デジタル変革の基盤にダッソー・システムズの3DEXPERIENCE プラットフォームを採用

Exxon Mobil Corporation (以下、エクソンモービル) は、同社のデジタル変革の基盤として、ダッソー・システムズの3DEXPERIENCE プラットフォームを採用した。

3DEXPERIENCE プラットフォームを実装することでエンジニアリング・データの集約を促し、多くのツールに散在する社内データを一元化する。

エクソンモービルは、シミュレーション、材料科学、サプライチェーン計画の各領域でダッソー・システムズのアプリケーションを長年使用してきた。

今後は3DEXPERIENCE プラットフォームを基盤とするインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス、「キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンス」を活用する。

3DEXPERIENCE プラットフォームに基づく統一されたデジタル環境下で、エクソンモービルの社員はリアルタイムに連携できるようになる。

エンジニアをはじめ、オペレーションや保守に携わる社員もまた、各々の担当領域における複雑なデータ資産を集約し一元化した情報元にアクセスできるようになり、ビジネス・プロセス全体の管理や運用の向上につながると期待される。

【関連リンク】
エクソンモービル(Exxon Mobil)

Previous

KDDI総合研がアングルフリーな「表情認識AI」を開発、IoTデバイス上でも動作

シャープ・KDDI・コニカミノルタ・セコムの4社、NEDOの「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」に参画

Next