ロードレース中継のリアルタイム画像認識、東芝のAIが98.1%の精度で実現

株式会社東芝と東芝デジタルソリューションズ株式会社は、日本テレビ放送網株式会社との共同研究でロードレース中継における画像認識技術を用いた番組制作支援技術となる画像解析AIを開発した。

ロードレース中継において、カメラ映像に映っている選手を検出・追従するとともに、ユニフォーム・ゼッケンなどの特徴をもとに所属するチーム名もリアルタイムで認識し、98.1%の精度で選手を正確に識別できることを実証した。

同技術の開発により、AIによる映像の自動解析とともに、これまで人的負荷が大きかった作業が自動化できる点が評価され、2018年8月1日、第71回(2017年度)映画テレビ技術協会 技術開発奨励賞を受賞した。

同技術を用いることで、映像から特定のチームや選手を自動で抽出したり、追い越しシーン等のレース中の見どころを自動で抽出するといった映像の解析や編集作業の自動化が可能。これにより、これまで複数台のカメラそれぞれに映る選手を手作業で全て記録するなど長時間人手で情報を集め、記録作業をしていたロードレース番組制作の人的負荷を軽減できると期待される。

具体的には、選手の上半身と顔を同時検出し、その両方を利用して追従するハイブリッド方式を採用。これにより、走行中顔が見えないシーンが多いロードレース中継においても、高精度で選手を追従可能になる。

また、検出・追従した各選手のユニフォーム・ゼッケンなどの特徴をもとにチーム名を認識する際に、暗い画像やぼやけた画像なども事前に学習させることにより、人が見て認識が困難な映像でもチーム名を高精度に特定することが可能となった。

あわせて、選手と観客を区別して抽出するロードレース向けの観客矩形フィルタリング技術を開発したことで、認識精度の向上とともに処理時間の削減を実現した。

さらには、1秒毎の動画単位で画像を認識し、処理結果を記録する処理フローにより、リアルタイムの画像認識を実現。同技術を用いたロードレース中継での実証実験において、所属チーム名の自動識別をリアルタイムかつ98.1%の精度で実現した。

Previous

大崎電気、IoTを活用した農業支援サービス「ファームウォッチ」の提供を開始

「感覚器」の代用から「脳」へ、私たちがAIに期待すべきこと —八子知礼×小泉耕二【第8回】

Next