NECと日本サイトラインシステムズ、AIエンジンと連携したIIoTデータの収集・分析・可視化ソフトウェアを提供開始

日本サイトラインシステムズ株式会社(以下、サイトライン)は、日本電気株式会社(以下、NEC)のAIエンジンと連携したリアルタイムパフォーマンスマネジメントソフトウェア「Sightline EDM(Enterprise Data Manager)」を、本日より提供開始する。

国内外の大手金融機関、通信事業者や製造業に利用され、データのリアルタイム収集・蓄積・分析を行い、情報をさまざまな表現で可視化するサイトラインの「Sightline EDM」と、収集されるデータからシステムの振る舞いを学習・監視し、平常時と異なる挙動を自動的に検知するNECのAIエンジン「インバリアント分析」と連携する。

NECとサイトラインが連携した「Sightline EDM」は、顧客の所有する既存のITシステムあるいは製造プロセスにおいて改善すべき問題部分の早期発見や、それに基づくパフォーマンス(性能)マネジメント、また必要なリソースを早期認識できるキャパシティマネジメントなどを可能とし、ITシステムまたは工場のライフサイクルを効率化する。

具体的には、IT基盤システムから生じる様々な情報をリアルタイムに分析、可視化するWebベースのパフォーマンスマネジメントとキャパシティマネジメントを行う。

数千台以上のシステムから、各種OS (UNIX, Linux, Windows等) 、VMwareなどの仮想環境、AWS等のクラウドサービス、JavaのVM(仮想マシン)や、Javaをベースとしたアプリケーション・サーバなどのモニタリング対象のデータを同時に収集し、最小1ミリ秒単位のデータを分析/管理することにより、予兆検知、相関分析、根本原因分析(Root Cause Analysis)、各種チャート表示、レポート作成、アラートマネジメントが可能。

「Sightline EDM」の価格は372万円(税別)から(年間利用料金)だ。

「インバリアント分析」は、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つで、システムの振る舞いを分析するAI技術。高い安全性が要求される電力プラントへの異常予兆検知での導入の他、製造業、石油化学業のプラント故障予兆などで累計300件以上のシステム検証実績がある。

「インバリアント分析」など、NECのAI技術群「NEC the WISE」の詳細はこちら

【関連リンク】
日本サイトラインシステムズ(SightLine Systems Japan)

Previous

スマートドライブが17億円の資金調達、コネクテッドカーの新領域を切り拓く —代表取締役 北川烈氏インタビュー

シーメンスが「Vision2020+戦略」を発表、IoT統合サービスへ投資

Next