GEとマイクロソフト、産業IoT(IIoT)のパートナーシップを拡大

GEデジタルとマイクロソフトは、産業IoT(IIoT)の分野におけるパートナーシップを拡大すると本日、発表した。

同社の産業向けPredix(プレディックス)ポートフォリオとマイクロソフトのAzureのネイティブクラウド機能を深く統合し、PredixソリューションをマイクロソフトAzure上で提供する。

このパートナーシップの拡大により、開発のみならず販売や市場開拓でも共同で実施することで、エンドカスタマーに業界問わず高品質IIoT(産業IoT)ソリューションを提供していくとした。

GEデジタルのインダストリアル・データとアプリケーションに関する専門知識を、マイクロソフトの大規模なクラウド・フットプリントと組み合わせることで、産業用アプリケーションの導入を加速。

また、Azureの活用により、GEデジタルのソリューションをグローバルに拡張。Azureは、広範囲にわたる国際標準や規則遵守の要件を満たしているため、顧客のソリューションをグローバル規模で展開することが可能としている。

さらには、Predix搭載製品を共同販売することにより、GEデジタルの影響力と市場浸透度を高め、新しい領域でのビジネス拡大を目指す。

Previous

警備システムにAI活用、ピーシーエッグが「スマート警備管制」を提供開始

PTC、北九州高専が進める経産省「産学連携デジタルものづくり中核人材育成事業」に参画

Next