ものづくり企業に必要不可欠なMES(生産実行システム)のノウハウを凝縮し短期導入を可能に ーウイングアーク1st荏原氏インタビュー

工場の未来

小泉: 少し先の話になりますが、工場のデジタルデータが集まって、それが工場の生産能力を表すデータになり、それを公開し仕事が発注される世界が2015年くらいから提唱されていますが、そのような時代はくると思いますか?

荏原: くると思います。多くの経営者はそこに興味を持っています。モノづくりの生産性向上は1円が0.8円になるような世界ですが、一番お金の効果が出るのは設計の部分だと思っています。そう考えると、生産状況のデータをいかに設計側に使うかというと、具体的にはシミュレーションです。

グローバルで見ても特に日本の製造業が強いのは、足回りのデータです。設計・製造技術に活用できるソリューションになってくると、日本の製造業の強みが生かせると期待しています。

小泉: 本日はありがとうございました。

ものづくり企業に必要不可欠なMES(生産実行システム)のノウハウを凝縮し短期導入を可能に ーウイングアーク1st荏原氏インタビュー
ウイングアーク1st株式会社 営業・ソリューション本部 製造ストラテジックビジネスユニット ユニット長 荏原 光誠氏

【関連リンク】
クイックスタートMESアプリケーション「MESOD(メソッド)」

Previous

ソニー、”aibo”(アイボ)を米国で販売開始

IoT人気記事ランキング|】政治家 小林史明氏が語るテクノロジー実装社会、IoT・AIで「ヒト起点の政策」をつくる、など[8/20-8/26]

Next