ユカイ工学のクッション型セラピーロボット「Qoobo」、今秋発売予定

ユカイ工学株式会社は、2018秋発売予定に向け開発を進めている、“しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」”の予約販売サイトでの受付を本年8月31日で終了する。

2017年10月の発表から1週間で動画再生数1000万回を超え、クラウドファンディングプロジェクトでは目標額の247%(12,360,156円)を達成。国内外の多くのメディアでも話題となった「Qoobo」は、発表から1年の開発期間を経て今秋発売となる。

2017年12月末から予約販売サイトで世界中から受付を開始し、国内外からの予約・受注数は併せて5000台を突破した(2018年8月時点)。

10月中旬発売時には、MoMA Design Store ( MoMA Design Store 表参道、 MoMA Design Store 京都、 MoMA Design Store 公式オンラインストア)、ロフト、ロフトネットストア、ラオックスなど、先行して取り扱いが決定している。

尚、発売に先立ち、Qoobo取り扱い店舗および、Amazon、他WEBサイトにて、9月中旬より販売予約を開始する。

Qooboは、しっぽのついたクッション型セラピーロボット。撫でるとしっぽを振って応える。撫で方によって変化するしっぽの反応を、撫でる人自身が解釈して擬似的な心のやりとりを生み出す。毎日の生活に癒やしを求める人やペットを飼いたくても飼えない人向けとして、ユカイ工学の持つロボティクス技術を活用して開発した。

【関連リンク】
Qoobo予約販売サイト(8月31日まで受付)

Previous

ダイキン、空気・空間のデータを活用した協創プラットフォーム「CRESNECT」を開設

エコモット、3次元変位計測システム「DANA CLOUD(ダーナクラウド)」を開発

Next