フォルクスワーゲン、EVカーシェアサービス「We Share」をベルリンで開始

フォルクスワーゲンは、EVカーシェアサービス「We Share」2019年よりを開始する。最初のサービスはドイツの首都ベルリンで展開し、サービスを開始する2019年第2四半期の時点で1,500台の「e-Golf(e-ゴルフ)」を導入予定。さらにその後、500台の「e-up!(e-アップ!)」を追加する予定だ。

2020年以降、これらのモデルは、フォルクスワーゲンの新しい電気「I.D.(アイ.ディ.)」ファミリーに徐々に置き換えられる。

「We Share」は、「フリーフロート型カーシェアリング」として導入し、いつでもどこでもEVを利用できる利便性を提供。また、今後は、マイクロモビリティというセグメントに属するより小型のモデルを電気自動車のフリートに追加する予定だ。

【関連リンク】
フォルクスワーゲン(VW)

Previous

IoT人気記事ランキング|】政治家 小林史明氏が語るテクノロジー実装社会、IoT・AIで「ヒト起点の政策」をつくる、など[8/20-8/26]

TOYOTA、コネクティッドサービスの普及に向けナビゲーションの新モデルを発売

Next