富士ソフト、「コミュニケーション ロボットPALRO ギフト向けモデル」を発売

富士ソフト株式会社は、今月29日より個人ユーザー向け「コミュニケーション ロボットPALRO ギフト向けモデル」の販売を開始する。

同社は2012年より法人向けに「コミュニケーション ロボットPALROビジネスシリーズ 高齢者福祉施設向けモデル」を販売している。同モデルは、「日常会話の話し相手」、「レクリエーションの司会進行役」、「健康体操のインストラクター」 として、全国1,000カ所以上の高齢者福祉施設で認知症予防や自立支援に活用されている。

今回の新しいギフト向けモデルには、高齢者福祉施設向けモデルで人気の会話、歌、クイズ、ゲームなどのコンテンツの中から、離れて暮らす家族が共有して楽めるものを厳選して搭載。また、ギフト向けモデル専用アプリケーション「PALRO しゃべリンク」を使って、パルロとの日常の様子をSNS形式で見たり、パルロを介してメッセージを伝えあったりすることができる。

【関連リンク】
「コミュニケーション ロボットPALRO ギフト向けモデル」

Previous

トヨタがUberに5億ドル出資、自動運転開発で協業拡大

ソラコム、「SORACOM IoT Fund Program」を通じアジアの通信スタートアップ企業「UnaBiz」に出資

Next