PTCジャパン・NSW、「LINE WORKS」を利用した製造業向けIoTサービスの提供で協業

PTCジャパン株式会社、ワークスモバイルジャパン株式会社、NSW(日本システムウエア株式会社)は本日、製造業向けIoTサービスの提供において協業すること発表した。

今回の協業は、ワークスモバイルジャパンが提供するビジネス版LINE「LINE WORKS」に、PTCが提供するインダストリアル・イノベーション・プラットフォーム「ThingWorx」およびNSWが提供するIoTクラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」を連携させることにより、製造現場におけるIoTサービスの利用を強力に推進することを目的としている。

生産機器やセンサー等から収集するデータに加え、計器等目視での確認が必要なアナログ情報やアンケート等も、担当者がLINE WORKSに入力することで情報を蓄積・一元管理することができるようになる。

また、機器のエラー等を検知した際には、LINE WORKSを通して作業員にアラートを通知することが可能。そのアラートに対する作業員同士の指示や報告といったLINE WORKS上のやりとりの履歴を保存し、類似のアラートが発生した場合には過去の対応履歴を表示できる。

将来的には、蓄積された対応履歴の情報を機械学習にかけて、トラブルに対する解決方法をノウハウ化することも検討しているという。

これらのサービスは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」をインターフェースとし、それを支えるToamiとThingWorxにより実現される。

【関連リンク】
ビジネス版LINE「LINE WORKS」

Previous

長野県伊那市でドローン物流プロジェクトがスタート、KDDIとゼンリンが参画

産業用IoTのグローバル最新動向

Next