ディーゼル、新型タッチスクリーンスマートウォッチ「Full Guard 2.5」を発売

ディーゼルは新型タッチスクリーンスマートウォッチ「Full Guard 2.5」を発売する。同製品は心拍センサー、GPS、泳げる防水機能などのウェアラブルテクノロジーを搭載。ディーゼルならではのモーターサイクルスタイルのファッショナブルなデザインで、”目立つことを恐れない人々”に強くアピールしたいスマートウォッチだという。

「Full Guard 2.5」タッチスクリーンスマートウォッチは、Wear OS by GoogleおよびQualcomm Snapdragon Wear 2100 SoCを搭載し、iPhoneとAndroidのスマートフォンに対応。急速充電、ミュージックコントロール、カスタマイズ可能なウォッチフェイス、スマートフォン通知などの他、新たに次の機能が加わる。

  • 心拍センサー:Google Fitまたはサードパーティ製アプリを使用して、複数のタイプの運動で心拍をトラッキング。
  • NFC支払機能(日本未対応):Google Payを使用して、スマートウォッチを介してのショッピング決済が可能。
    スマートウォッチでのGoogle Payに対応している国や地域は以下の通りで、2018年8月30日現在、日本での利用はサポートされていない。
    対応国/地域:米国、英国、スペイン、オーストラリア、カナダ、ポーランド、ロシア、ドイツ
    ※Alipayは中国で利用可能。Google Payは一部の国で利用できる。
  • GPS:ウォーキング、ハイキング、サイクリング、ランニングなどで、スマートウォッチ単体のGPSで距離を記録できるため、エクササイズ中のスマートフォン携帯が不要。
  • Google Assistant:Google Assistantを介してスマートウォッチに音声で指示することが可能
    Mobvoi Assistantは中国で利用可能。Google Play Storeは一部の国で利用可能。
  • 泳げる防水機能:シャワーや浅水での水泳など耐水性がある。サードパーティーアプリを使用し、水泳のトラッキングも可能。ただし、飛び込みやスキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うアクティビティには対応しない。

【関連リンク】
ディーゼル(DIESEL)

Previous

ぷらっとホーム、「OpenBlocks IDMアプライアンス」にLoRaアプリケーションサーバー機能を追加

ZMP、自動運転車用の製品開発に向けたプラットフォームを販売開始

Next