ルネサスとTTTech、高性能かつ機能安全を実現する自動運転向けECUの開発プラットフォームで協業開始

ルネサス エレクトロニクス株式会社とTTTech Computertechnik AGは、自動運転向け電子制御ユニット(Electronic Controll Unit、以下ECU)の開発プラットフォームに関し協業を開始した。

 

今回協業を行う開発プラットフォームは、ルネサスの車載制御用マイコン「RH850/P1x」と車載情報システム向け高性能SoC「R-Car」に、 TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォーム「TTIntegration」を統合したものだ。

TTIntegrationは複数のハードウェアで実現されているソフトウェアコンポーネントの統合を可能とするものであり、制御用マイコン、高性能SoCが搭載された新プラットフォームにおいて高い性能と安全性を実現しながらも将来の拡張も可能とする自動運転システムの開発が可能となる。

ハードウェア単位で開発されたソフトウェアコンポーネントの統合も可能となるため、複数のベンダーによる並行開発も可能となる。

 

自動運転の実現には自車周辺のセンシング技術の高精度化、各種センサーの統合、自動運転のための判断処理、付随する画像センサーの高画素化への対応、システム全体の低消費電力対策、機能安全への対応など、大規模な開発が必要だ。これらは複数のサプライヤーによる並行開発やスムーズなシステム統合の実現が求められている。そのためには、それぞれのソフトウェアがCPU、ハードウェアアクセラレータ、ネットワークといったハードウェアのリソースの競合なくシステム統合が実現されることが必要だ。

ルネサスとTTTechの自動運転向け開発プラットフォームはこれらニーズに対応し、自動運転に求められる柔軟性と拡張性を保ちつつ、高い性能と安全性を両立させるもので、車載分野で実績のあるルネサスのマイコンとSoC、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォームにより可能となる。

また、この開発プラットフォームは汎用的な自動車向けオープンシステム「AUTOSAR」上での各種機能安全レベルの実現も可能とする。

 

ルネサスの機能安全は、最も高い安全性を実現するASIL D(注)に対応したマイコンから高性能SoCも取り揃え、プレミアムな商品からエントリーレベルと幅広い分野でのECU開発に貢献するトータルソリューションの提供を行っている。

一方、TTTechのADASプラットフォームの要はTTIntegrationと「Deterministic Ethernet」にある。TTIntegrationは複数のCPUレベルで同期をとり、これらCPUを用いて複数のアプリケーションの実行が可能 となる。システム上でデータの共有やアプリケーション毎にハードウェアの開発を行い統合することも可能であり、システム構築の自由度が向上する。各種オペレーティングシステムで稼動するAUTOSARも準備されており、開発済みのアプリケーションの移植もスムーズに行うことができる。また、TTTechはさまざまな安全レベルもサポートしており、TTTechのコンセプトである「Freedom of Interference」は高い安全基準により、仮にひとつのアプリケーションのバグや欠陥が発生しても、他のECUへの影響を防ぐことが可能となっている。これらはTTTechのDeterministic Ethernetにより実現している。

(注)オートモーティブセーフティレベル(ASIL)はISO26262-Functional safety for Road Vehicles standardによって、A、B、C、Dとランクで規定されており、ASIL Dはその最も高い機能安全要求。

 

【関連リンク】
ルネサス
TTTech

Previous

カシオ、アウトドアシーンに最適なリストデバイスSmart Outdoor Watch発売

ログバー、世界初、ウェアラブル翻訳デバイス 「ili」(イリー)CES 2016にて発表!世界のコミュニケーションを変える。

Next