コネクテッドカーに求められる要素とは?

PR

寄稿者: AMO Labs CEO / 工学博士シン・サンギュ

AMO Labsは、IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、韓国本社、ヒューストン/米国法人)の子会社。シンガポールに拠点を置き、ペンタセキュリティシステムズの技術を基に自動車データのブロックチェーンプラットフォームのAMO Marketを開発している。

 「未来の自動車」と言われるスマートカー(Smart Car)は、次の5つの技術概念を必然的に要求する。宇宙または空間を意味する「SPACE」に、変化する未来自動車の5つの要素として、Security(セキュリティ)、Platform(プラットフォーム)、Autonomous(自律性)、Connectivity(連結性)、Electrification(電化)の5つの単語の組み合わせとして再定義し、全6章のテーマを3回の記事に分けて説明する。

  • 第1回目: コネクテッドカーに求められる要素とは?(この記事です)
  • 第2回目: 自律走行車やコネクテッドカー時代に向け必要なもの
  • 第3回目: ネットと繋がる未来の自動車、その活用分野
  • SPACEとは?

     「モノのインターネット(IoT)」や「クラウド」のような言葉が日常的な用語となり、技術系で働かない人々にも、おなじみのものとなった。近年では、さまざまな分野で「第4次産業革命」が言及され、社会全般にわたって大きな変化と革新がもたらされるはずだと期待される。
     まさに、第4次産業革命を率いる技術がIoTとクラウドだ。IoTは、ソフトウェアと相互接続(インターコネクト)を基本とした端末、自動車、家電などがネットワークに接続されてデータを交換できる一連のネットワークと定義される。 第4次産業革命のために必要な要素はたくさんあり、IoTデバイスの種類も多い。特に第4次産業革命の主力となるのは自動車だろう。

     18世紀後半、蒸気機関車が商業的な目的で開発され、19世紀末に石油を使用する内燃機関エンジンを搭載した自動車が発明されて以来、自動車の変化は着実に続いた。自動車は、より安全に、より早く、より便利な移動手段としてわれわれの生活に欠かせないものになった。
     最近では、自動車の限界を超えるような変化が起きている。近いうちにわれわれは空を飛んだり海の中を走る自動車を購入できるかもしれない。2018年2月、自動車は宇宙に行った。 イーロン・マスク(Elon Musk)が、「スペースX(SpaceX)」の宇宙船で「テスラ(Tesla)」の自動車を宇宙に送ったのだ。
     イーロン・マスクという人物があまりにも独特な人物だということもある。だが、この出来事は「従来の自動車が持っていた限界を超える」という新しい観点をわれわれに提示した。

    宇宙を意味する単語「SPACE」 は、空間という意味も持つ。筆者には自動車と空間が別の概念とは思えない。自動車が提供する移動性が人間の生活空間を広めた。自動車の運転中の室内空間もまたわれわれの一つの生活空間となった。もはや、地球という空間(SPACE)の限界を超え、宇宙(SPACE)まで行った自動車をみることになったのだ。

    変化する未来自動車の5つの要素

     ここで筆者は、宇宙または空間を意味する「SPACE」に、Security(セキュリティ)、Platform(プラットフォーム)、Autonomous(自律性)、Connectivity(連結性)、Electrification(電化)の5つの単語の組み合わせとして再定義したい。人々からよく「未来の自動車」と言われるスマートカー(Smart Car)が上記5つの技術概念を必然的に要求するからだ。

    次ページ:電化:自動車分野で起きている変化 

    Previous

    シーメンスのVision2020+戦略

    日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

    Next