パスコとナビタイムジャパン、物流業界向けソリューションで業務提携

株式会社パスコと株式会社ナビタイムジャパンは、両社の持つ技術とノウハウを相互に活用し、物流業界の課題解決に向けた業務提携を行うことで合意した。

今回の業務提携では、パスコの「LogiSTAR(ロジスター)配車管理簿」とナビタイムジャパンの「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」を連携し、配送計画からナビゲーションまでをワンストップで提供する。

サービスの特徴は以下の通りだ。

  • 熟練配車担当者のノウハウを反映
    パスコが独自開発した配車計算エンジンを、荷卸し場所や平均待ち時間といった配送先の特殊事情など配車担当者が長年培ったノウハウを配車計算に活用。
  • 多様な要件を短時間で提供
    複数の荷物・車両・配送先、容積の異なる荷物・車両など、複雑な条件を高速で計算処理し、最適な車両数と配送先・配送順を高い精度で提供。
  • リアルタイムの道路状況に即したナビゲーション
    配送情報からワンタップでナビゲーションを開始、渋滞情報や規制情報など配送当日の道路状況に即したカーナビゲーションを活用できる。
  • 輸配送の進捗をパソコン画面で確認
    各車両の輸配送状況(作業のステータス)がパソコン画面で確認できるため、荷主や配送先からの問合せにも迅速に対応可能。また、メッセージの送受信機能でドライバーへの指示や会社への報告などがスマートフォンとパソコンで行える。

自宅に居ながらにして商品が届き、高鮮度な商品が身近な店舗に並ぶなど、私たちの生活は利便性を増している。こうした消費者ニーズの多様化に応えるため、物流は、複雑化・高頻度化の一途にある。

一方、物流業界では、「労働人口の減少・高齢化」、「労働時間の適正化」、「温室効果ガスの排出抑制」など、多くの課題を抱えている。これらの課題解決には、熟練技能者の経験に依存している現状を打開し、ICTの活用により、スピードと多様化の要求に応える「徹底した効率化」が求められている。

【関連リンク】
パスコ(PASCO)
ナビタイムジャパン(NAVITIME JAPAN)

Previous

マクニカネットワークス、製造業に特化したデータ分析プラットフォームを提供するSight Machine社と代理店契約を締結

GMOグローバルサイン、IoTデバイスのセキュリティサービス「IoT IDプラットフォーム byGMO」を提供開始

Next