GMOクラウドと三井住友海上、自動車向けIoTソリューションの販売支援で業務提携

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会は、三井住友海上火災保険株式会社グループのエーシー企画株式会社と業務提携し、三井住友海上ならびにエーシー企画が支援する整備業組織「アドバンスクラブ」の会員企業に向けた、GMOクラウドの自動車向けIoTソリューションの販売および販売支援を、本年10月1日より開始する。

GMOクラウドが提供している車両コンディションの自動解析・遠隔診断ができるスマホアプリ「LINKDrive(リンクドライブ) byGMO」と連動し、同アプリを利用している自社の顧客の車両状態を管理できる、自動車関連事業者向けクラウドサービス「LINKDrive PRO(リンクドライブプロ) byGMO」を、「アドバンスクラブ」会員企業(2,148社、2018年7月末現在)へ提供する。

「LINKDrive」と、その利用に必要な車載コネクタ(LINKDriveコネクタ)および、事業者向け管理ツール「LINKDrive PRO」を導入することで、顧客の車両状態・走行データを店舗の端末(PC、スマホなど)からリアルタイムでチェックできるほか、その情報をもとに、顧客に合わせた最適な情報をスマホアプリへ発信することが可能となる。

また、車両データはクラウドシステムが常時解析しているため、例えばバッテリー始動電圧の低下が検知され始動不良が想定される場合など、異常やトラブルが発生する前に、顧客のスマホとかかりつけの整備工場の端末へ予防整備のアラームが自動で通知される。

これにより、顧客の車両状態やニーズに合わせたタイムリーなアフターサービスが可能になる。

【関連リンク】
エーシー企画(AC Planning)

Previous

デンソー、次世代の半導体を開発するThinCI社に出資

セブンドリーマーズ、パナソニック・大和ハウス工業から10億円の資金調達を実施

Next