マクニカ、自動運転技術開発のティアフォーと代理店契約を締結

株式会社マクニカは、株式会社ティアフォーと自動運転関連技術の販売に関して代理店契約を締結し、同社の自動運転関連製品を販売開始すると発表した。

ティアフォーは、オープンソースの自動運転ソフトウェア(OS)「Autoware(オートウェア)」、およびそれを標準実装した自動運転システムキット「AIパイロット」を開発し、2017年12月に日本で一般公道における遠隔制御型自動運転システムの実験を実施し、レベル4(無人運転)の自動運転に成功。さらに市街地や中山間地域での近距離移動を目的とする完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発するなど、自動運転技術の開発と実証実験を推進している。

マクニカは、米国Autonomoustuffの自動運転車両に、ティアフォーのAIパイロットを搭載することで、レベル4の自動運転POC車両を販売・提供する。

この締結により、マクニカは、国内の自動車メーカーや自動車関連部品メーカー等に向け、Autonomoustuffの自動運転実証車両とティアフォーの自動運転関連技術の販売を通して、日本の顧客の課題解決を支援する。また、自動運転用AIアルゴリズムを研究開発する大学や研究機関、ロボットタクシーやデリバリーロボットに代表される新たなモビリティー市場参入事業者等に向けても提供するという。

今後、通信、建設・建機、公共金融・保険・リース等の様々な企業、並びに国や公共機関、地方自治体等が取り組む自動運転技術を軸とした新たなサービスモデルの実証実験に対して、ティアフォーと協力し実証車両の提供から、各種ハードウェア及びソフトウェアの組込開発支援、データ取得、解析サービス等の自動運転向けワンストップソリューションを提案していくとしている。

【関連リンク】
マクニカ(MACNICA)
ティアフォー(Tier IV)
オートノマスタッフ(Autonomoustuff)

Previous

イスラエル発、20言語対応のAI小型カメラ「OrCam My Eye」が日本上陸

テレビ朝日・NEC・ドコモ、5Gでスマートグラスに水泳競技情報をリアルタイム表示

Next