Standard Cognition、レジ精算不要の小売店舗向けレジ無人化システム導入の直営店オープン

AIを基盤とした小売店舗向けレジ無人化システムの開発を手掛けるStandard Cognition(スタンダード・コグニション)は、現地時間の2018年9月7日(金)、直営店第1号となる「Standard Market(スタンダード・マーケット)」をサンフランシスコ市内にオープンした。

直営店には、Standard Cognitionが開発したレジ無人化システムの「Standard Checkout(スタンダード・チェックアウト)」を導入している。店舗では、実際にスキャンやレジ精算の必要がない、新しい顧客体験を楽しむことができ、同社システムの実用性を実証するための概念検証(PoC)も兼ねた店舗になっているという。

https://www.youtube.com/watch?v=Ap7Aq-N552Q

「Standard Checkout」は、どの買い物客がどの商品を持っているかを正確に把握し、買い物客が商品を棚に戻したのか、ポケットやバッグに入れたのかを認識する。そのため会計時、従来のセルフレジのように商品をスキャンする必要は無く、決済を意識することのない「フリクションレス(手間がかからない)体験」が可能だという。

「Standard Checkout」の特長は以下の通り。

  • プライバシー保護:顔認証を含む生体認証によって顧客の情報を収集しない。
  • 拡張性:天井へのカメラ設置のみでセンサー取り付は不要のため、導入時の店舗側の負担が軽減できる。
  • スムーズな顧客体験:顧客は商品を持ってそのまま店から出るだけ。スキャンや決済のために並ぶ必要がない。
  • 柔軟性:大胆な売り場レイアウトの変更やタイムセールといった特別売り出しなどへの対応が可能。
  • インサイト分析:店舗における匿名化された顧客分析が可能。

Stanard Cognitionは、今回オープンした直営店「Standard Market」をシステム規模や新機能をテストする場として使用していく予定。店舗の営業時間の延長や商品の品揃えの拡充、店舗を一度に利用できる顧客の収容人員の拡大は、今後数週間で行う予定としている。

なお、当面、直営店「Standard Market」を利用する場合は、iTunesもしくはGoogle PlayからStandard Cognitionアプリをダウンロードする必要がある(アメリカのみダウンロード対応)。年内には、アプリをダウンロードしなくても、現金やクレジットカードを使って決済することが可能になるという。

【関連リンク】
スタンダード・コグニション(Standard Cognition)

Previous

デンソー、東北パイオニアEGの株式を取得

シーメンスのVision2020+戦略

Next