日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、上下水道事業における運用・保全業務の可視化・省力化・効率化やノウハウの継承などを支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリューション」(※1)を10月1日から提供開始する。

同サービスは、AIやIoTなどのデジタル技術を活用し、上下水道事業運営に関わるデータを収集・分析し、設備状態の可視化や運用・保全業務を支援する。

IoTプラットフォーム「Lumada」を活用しており、今後、機能を順次拡充し、上下水道事業全般の経営課題の解決に貢献する総合デジタルソリューションとして、上下水道事業体などに提供する予定だ。

国内の上下水道事業は、プラントの老朽化に伴う維持・更新の追加投資や、人口減少に起因する事業収入の減少などにより、事業運営の効率化が求められている。また、熟練運転員・技術者の減少に伴いノウハウの継承も課題だ。

日立は同サービスの第一弾として、3つの機能を本年10月より提供開始。

「設備保全支援機能」はARを活用し、眼鏡型ウェアラブル端末や点検端末(タブレット端末)を通じてマニュアルや過去の故障・修理履歴の参照、作業のナビゲーションや熟練者による遠隔指示を行う。

また、「プラント監視機能」はIoTを活用し、センサーからデータを収集し設備の稼働状況を可視化する。

「台帳機能」は設備の稼働年数や故障・修理履歴、点検端末から入力された点検結果などの情報をデジタル化し一元管理。これら3つの機能を連携させることで、効率的なアセット管理や運用・保全業務の改善・効率化を支援する。

また、AIやアナリティクスを活用して運用・保全業務を効率化する機能の提供を計画しており、現在、日立が運用を受託している複数のプラントで実証試験を行っている。

今後提供予定の機能には、主要機器や設備の過去の運転実績データや点検データを元に、設備の状態を診断することでCBM(※2)を可能とする「設備状態診断機能」や、AIを活用し熟練者の運転実績データから抽出したノウハウを基に効率的な運転業務を支援する「プラント運転支援機能」。

過去の運転実績データと環境条件(天候・水源)などのオープンデータを組み合わせ、AIを用いて原水水質を予測し、薬品注入量などの適正化を支援する「水質予測機能」などがある。

※1 O&M:Operation & Maintenance(運用・保全)
※2 CBM:Condition based Maintenance(状態基準保全)。設備に対して、劣化状況や故障リスクを考慮してメンテナンス要否を判断し、故障や使用限度前にメンテナンスを実施する考え方。

Previous

コネクテッドカーに求められる要素とは?

安川情報システム・プロロジス・日本ユニシス、 物流施設の業務効率化を支援するサービスを提供開始

Next