PALTEK、イノフィスの作業支援ロボット「マッスルスーツEdge」を販売開始

株式会社PALTEKは、東京理科大学発ベンチャーの株式会社イノフィスが開発した、装着型の作業支援ロボット「腰補助用 マッスルスーツ」シリーズの廉価かつ軽量化を実現した最新モデル「マッスルスーツ Edge(エッジ)」の販売を、2018年9月から開始する。メーカー希望小売価格は、498,000円(税別)。

マッスルスーツは、空気で稼働する“人工筋肉”によって、装着者の動作をアシストし、重労働の際の身体にかかる負担を軽減させる。イノフィスが2014年からマッスルスーツを販売開始して以降、介護や製造業、建設業、物流業、農業などの現場で導入され、人手不足や従業員の高齢化に悩む職場の環境改善に貢献してきた。

新たな「Edge」モデルでは、本体の重量や奥行を大幅にカットし、従来モデルでは5~8kgあった重さを4.3kgに軽量化。これにより形状もコンパクトになり、狭い所での活用も広がるという。

【関連リンク】
パルテック(PALTEK)
イノフィス(INNOPHYS)
マッスルスーツ

Previous

キャップジェミニ、今後3年間でAR/VRがビジネスオペレーションの主流となると発表

鉄腕アトムモデルの「コミュニケーション・ロボットATOM」誕生

Next