DataRobotとインテル、企業向けAI開発とビジネス展開の加速を目指し業務提携

米国DataRobot, Inc.は、出資企業であるインテルとの業務提携を発表した。機械学習モデルの開発とビジネス展開を加速させ、あらゆる技術レベルのユーザーがAIを実ビジネスにおいて容易に活用できるよう協力していくという。

今回の提携の一環として、「DataRobot」は「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を含むインテルのテクノロジーを活用し、機械学習自動化プラットフォームの機能強化に努めていく。

「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」は、AI主導型エンタープライズを支援する2つの中核機能である低レイテンシーとスケーラビリティを追求する企業に対し、最適化された性能向上を実現するハードウェア基盤を提供。DataRobotは機械学習を自動化することで、あらゆる規模の組織の生産性を大幅に改善し、データアナリティクスにより創造される価値の最大化を図るという。

【関連リンク】
DataRobot

Previous

NTT西日本とプリンシプル、高齢者見守りサービス「スマートルームみまもり」のトライアルを実施

凸版印刷とホシデン、健康・労務管理サービス開始

Next