NTTデータ、東京・豊洲で自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を実施

株式会社NTTデータは、豊洲コンセプト委員会(※1)の取り組みの一環として、国立大学法人群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(以下:CRANTS、読み:クランツ)、大和自動車交通株式会社(以下:大和交通)とともに東京都江東区豊洲の公道で複数の自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を9月14日から計3日間実施する。

同実証では、地域住民に対し、3台の自動運転車両を用い、オンデマンド型で3拠点間の移動手段を提供。自動運転車両の運行に必要な、乗客からの配車依頼の受け付け、車両への走行指示、走行中の遠隔監視等を運行管制システムで実現する。

今後NTTデータは、自動運転社会に求められる、利便性の高いサービス・機能についての検討を進め、2020年までに自動運転レベル4(※2)の技術を用い、地域の交通課題や要望に応じた、地域住民を主体とする「自動運転バス」や「自動運転モビリティ」を用いた新しい移動サービスの提供を行うべく検討を進めている。

  1. 走行日時(予定)
    2018年9月14日(金)、19日(水)、20日(木) 10時~13時、14時~17時
    ※雨天の際は中止する場合がある。
  2. 走行ルート
    豊洲駅周辺の公道として以下を乗降地点とし、それぞれの乗降地点間を結ぶ3つのルート
    ・東京メトロ有楽町線豊洲駅
    ・アーバンドックららぽーと豊洲
    ・豊洲地区のマンション
  3. 乗客について
    乗降地点であるマンションの住民(※3)
  4. オンデマンド移動サービスの特徴
    ・3台の自動運転車両を運行
    ・3つの乗降地点から出発地・目的地を指定可能
    ・コミュニケーションロボットSotaによる車内対話
    ・乗客は上記走行時間内において、いつでも何度でも呼び出し(配車依頼)乗車可能
  5. 運行管制システム
    最適な配車や走行ルート指示、遠隔監視などを通じて、安全な自動運転車両の運行をサポート。
NTTデータ、東京・豊洲で自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を実施
図1:運行管制システムの機能
NTTデータ、東京・豊洲で自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を実施
図2:運行管制システムの画面

(※1)豊洲コンセプト委員会は、豊洲地区をより魅力的、より利便性の高い街へ発展させるため、豊洲進出企業にて組成されたもの。株式会社IHI、三井不動産株式会社、三菱地所株式会社、株式会社NTTデータが参画し、地域に根差した取り組みを行っている。
(※2)自動運転の技術水準は、レベル0からレベル5に分類される(米国の標準化団体であるSAEが提唱)。
レベル0:運転者がすべての運動タスクを実施。
レベル1:アクセルやブレーキ、ハンドルのいずれかをシステムが操作。
レベル2:複数の操作を同時にシステムが実施。
レベル3:全ての操作をシステムが実施、システムが要請したときはドライバーが対応。
レベル4:限定条件において全てシステムが操作し、ドライバーは全く関与しない状態。
レベル5:あらゆる状況においてシステムがすべての操作を行う。
(※3)既に乗客の募集を締め切られている。

【関連リンク】
大和自動車交通(Daiwa Motor Transportation)

Previous

NVIDIA DGX-2 スーパーコンピュータ、富士フイルムで国内初導入

パナソニック、AIを活用したスマートホーム開発加速に向けBrainofTと連携

Next