パナソニック、AIを活用したスマートホーム開発加速に向けBrainofTと連携

パナソニック株式会社は、AIの技術やノウハウを有するBrainofTに出資し、AIを活用したスマートホームシステム開発で連携を開始した。

BrainofTは、2015年に設立した米国のスタートアップ企業。AI技術を活用したスマートホームシステム(Caspar AI)の開発・販売・サポートを展開している。

今回、BrainofTと連携することで、同社のスマートホームを実現する統合技術を進化させ、パナソニックが今後取り組むソリューションへの適用を通じて、よりよいくらしを顧客に提供していくという。

Previous

NTTデータ、東京・豊洲で自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を実施

ウェザーニューズとパナソニック、気象情報と連携する新型エアコンを発表

Next