富士通、モバイル端末のタッチ操作で心理分析を行うAIを活用、ECサイトの顧客満足度向上を目指す実証を開始

富士通株式会社は、株式会社ヒマラヤのECサイトを閲覧する顧客のモバイル端末におけるタッチ操作の速度や端末の向き、揺れからAIが顧客の心理を分析し、心理に応じた最適な情報をタイムリーに提供する実証実験を2018年9月19日から10月3日まで行う。

ヒマラヤは、総合スポーツ量販として109店舗を全国展開し、「ヒマラヤオンラインストア」などEC事業にも注力している。同社のECサイト構築ソリューション「FUJITSU Business Application SNAPEC-EX(スナップイーシー イーエックス)」を導入し、店舗での顧客対応のみならずECサイトとの両輪で顧客満足度の向上やマーケティング強化を図る。

今回の実証実験では、「ヒマラヤオンラインストア」のアウトドア特集ページにおいて、顧客がモバイル端末で商品ページを閲覧する時間やスクロール速度、端末の揺れなどのデータを取得し、株式会社富士通研究所が開発したウェブサイト閲覧におけるモバイル端末のタッチ操作と端末の動きをもとに人の心理を分析するAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」の中核技術である「感性メディア処理技術」(※)を活用して、商品に対する関心や迷いを推定。

顧客の関心や迷いの度合いに合わせてタイムリーに関連情報を提示したり、購入を後押しするようなお買い得情報やクーポンを提供することで、顧客の心理をタイムリーに捉えた接客を実現するという。

また、閲覧ページの遷移データと心理データの相関関係を分析することで、顧客がどのような心理で商品を比較検討するかを把握し、ECサイトにおける顧客満足度向上への施策検討、将来的にはマーケティング戦略への活用についても効果を検証する。

※感性メディア処理技術:
音声、動画、センサデータなどのメディアデータに基づいて、人のように五感を駆使し、人の感情・気づき・気配りまでも処理するAI技術群。

提供:富士通

【関連リンク】
ヒマラヤ(HIMARAYA)

Previous

NVIDIA、音声・動画・画像・レコメンダーのサービスを実現する、AIデータセンタープラットフォームを発表

フューチャースタンダードとTOSYSが連携、長野市でAI映像解析による通行量調査を開始

Next