GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社と双日株式会社は、GMOクラウドが開発した自動車向けIoTソリューションを活用したコネクテッドカー関連事業の推進に関する業務提携契約を、本日締結した。

今後両社は、GMOクラウドが提供する、後付けの車載コネクタを通じて車両状態の自動解析・遠隔診断ができるスマホアプリ「LINKDrive(リンクドライブ) byGMO(以下、LINKDrive)」をはじめとする、一連の自動車向けIoTソリューション(以下、LINKDriveシステム)の国内外における市場開拓および、新たなサービスの開発等を共同で推進していく。また、将来的にはコネクテッドカー関連事業を展開する合弁会社の設立も見据えているという。

「LINKDriveシステム」は、GMOクラウドが2017年9月から展開している、カーオーナー向けスマホアプリ「LINKDrive」をはじめとする、一連の自動車向けIoTソリューションの総称。主に以下の3サービスを展開している。

  • LINKDrive
    「LINKDrive」は、車載コネクタ(LINKDriveコネクタ)を自動車に装着することで、車両データをクラウド上に蓄積し、自動で解析したマイカーのコンディションをスマホアプリで「見える化」できる、カーオーナー向けサービス。

    カーオーナーは、走行履歴・燃費などの運転情報、オイル・タイヤ交換・バッテリー状態などのカーコンディション情報をスマホアプリでいつでも確認できるほか、クラウド型スキャンツール「LINKPit byGMO」を導入している整備工場と連携すれば、車両の遠隔診断を受けることができる。

    また、走行距離に応じてポイントを貯められる「クルマイレージ」機能を利用することで、お気に入りの自動車販売店、整備店、サービスステーションなどでお得なサービスを受けることも可能。

    なお「LINKDriveコネクタ」は、国産車/輸入車、メーカーを問わず、一般乗用車(※1)に対応している。

  • LINKDrive PRO
    「LINKDrive PRO byGMO」は、自動車販売やクルマのサポートをサービスとして提供している事業者向けのサービス。

    「LINKDrive」を利用する顧客(カーオーナー)の車両データを、店舗の端末からリアルタイムでチェックできるため、アプリを通じて顧客一人ひとりに合わせた車検・整備・各種キャンペーンの案内、クーポンの発行などのO2O(※2)施策を行える(※3)。また、「クルマイレージ」機能に対応すれば、顧客の走行距離に応じて、店舗のクーポンと交換できるポイントを付与することができる。

  • LINKPit
    「LINKPit byGMO」は、自動車整備事業者向けに提供するクラウド型スキャンツール。車両整備に欠かせない一連の診断をタブレット端末向けアプリで実施でき、「LINKDriveコネクタ」を装着している自動車を対象に、インターネットを介した遠隔診断も行うことが可能。

(※1)2008年以降に発売された一般乗用車、小型乗用車、軽乗用車
(※2)Online to Offlineの略で、Webサイトやスマホアプリなどインターネット上のサービスを活用し、オンラインから実店舗(オフライン)への来店を促進すること。
(※3)車両情報の閲覧および情報発信は、アプリでマイショップ登録を行い、事前に店舗へ車両情報の共有を承諾した顧客が対象となる。

【関連リンク】
LINKDrive
LINKDrive PRO
LINKPit

Previous

デルタ電子、IoT/AIスマートホーム・マネジメントシステム「CONSCIOUS」を発表

MathWorks、MATLAB/Simulink製品ファミリーのRelease 2018bを発表

Next