NECプラットフォームズ、機器のLTE/3G通信を容易に実現する小型M2Mアダプタ「EA01A」を発売

NECプラットフォームズは、通信機能を持たない機器に対して、LTE網や3G網を介したネットワークアクセスを実現する、小型で設置容易性に優れたM2Mアダプタ「EA01A」を本日発表し、9月25日より販売を開始する。

あらゆる機器をネットワークで繋ぐIoTシステムの構築や、クラウドサービスとの連携など、機器のネットワーク接続のニーズは近年ますます高まっているが、回線工事のコストや設置場所、通信機器の大きさの制限などで実現困難という課題がある。 

同製品は、これらの課題を解決するためのLTE/3G対応のM2Mアダプタで、LANインタフェース、小型(カードサイズ)、内蔵/外部アンテナの選択による設置容易性と動作温度 -20~60℃の耐環境性を活かし、遠隔監視・遠隔保守などの用途や緊急時のバックアップ回線での利用、また、現在使用しているISDNデジタル通信回線・PHS回線の代替手段としても活用できる。

製品の特徴は以下の通りだ。

  • LTE/3G対応により回線工事が不要で設置コストを軽減:
    LTE網、3G網を利用するため回線工事の必要がなく、低コストでの導入が実現可能。また、SIMロックフリーにより、機器異常通報など小容量のデータ配信から、デジタルサイネージコンテンツのような大容量のデータ伝送まで、用途に応じた通信回線、通信サービスを選択できる。
  • 小型(カードサイズ)、内蔵/外部アンテナの選択により様々な設置方法に対応:
    小型(約80 x 54 x 16mm)なため計測器やディスプレイなど容量の小さい機器への内蔵から、DINレールを使用した設置(添付品のホルダーと市販のDINレール用アダプタが必要)まで、用途や使用環境に応じた設置方法を選択可能。また、電波が届きにくい場合は、外部アンテナ(有償オプション)も利用できる。
  • 広い動作温度範囲によりさまざまな環境での安定稼働が可能:
    -20℃から60℃まで広い温度範囲で動作可能なため、寒冷地や空調設備がない物流倉庫のバックアップ回線や太陽光発電機器の遠隔保守など、さまざまな環境での安定稼働が可能。さらに、定時再起動などのM2M用保守機能により、無人環境下での運用をサポートする。

【関連リンク】
LTE/3G対応M2Mアダプタ「EA01A」

Previous

オフィスIoTのあるべき姿を再考する -インフォテリア代表取締役 平野氏、CTO北原氏インタビュー

日立ソリューションズ、紙書類から必要なデータをAIで自動抽出する「活文」をクラウドで提供

Next