Supermicro、AI推論に最適化した新しいGPUサーバーを発表

Super Micro Computer, Inc.(以下、Supermicro)は本日、幅広いGPU最適化サーバーのラインナップに新製品「SuperServer 6049GP-TRT」を追加すると発表した。

Supermicroの新しいSuperServer 6049GP-TRTは、優れたパフォーマンスとGPU搭載密度を実現するため、4Uサーバーに最大20枚のNVIDIA Tesla T4 Tensor Core GPUが搭載可能であり、3Tバイトのメモリ、24個のホットスワップ対応3.5インチドライブをサポートする。このシステムには、4つの2000ワットのチタニウムレベル高効率(2+2)冗長電源を搭載し、電力効率、稼働時間、保守性の最適化に貢献するという。

また、ディープラーニング、推論アプリケーションに対応するデータセンターを幅広く展開するための、GPUサーバープラットフォームの設置密度を向上させる。より多くの産業が人工知能を展開するにつれて、企業は推論のために最適化された高密度サーバーを求めている。6049GP-TRTは、ディープラーニングのトレーニングやニューラルネットワークから、顔認識や言語翻訳などの実世界のアプリケーションに人工知能を展開するのに適したプラットフォームだという。

Supermicroは、スケールアウトサーバーにおける推論ワークロードを加速するように設計されている。NVIDIA Tesla T4のハードウェアアクセラレートのトランスコードエンジンは、リアルタイムで複数のHDビデオストリームを配信し、ビデオトランスコードパイプラインにディープラーニングを統合して、新しいクラスのスマートビデオアプリケーションを可能にする。

ディープラーニングは、これまでの他のコンピューティングモデルと異なっており、より深く複雑なニューラルネットワークが指数関数的に大規模なデータ量でトレーニングされる。優れた応答性を実現するため、これらのモデルは強力なSupermicro GPUサーバーに展開され、推論ワークロードのための最大スループットを実現するという。

【関連リンク】
スーパーマイクロ(Supermicro)
Supermicro NVIDIA GPUシステム製品

Previous

NEC、アジア競技大会に顔認証・行動検知システムなどを提供

STマイクロエレクトロニクス、 測位用IC Teseo IIIを活用したGNSSモジュールを発表

Next