Garmin、体のエネルギー量が計測できるアクティビティトラッカー「vivosmart 4」発売

ガーミンジャパン株式会社(以下、Garmin)はアクティビティトラッカーvivoシリーズの最新モデル「vivosmart 4(ヴィヴォスマート4)」(全5種)を2018年10月11日に発売する。価格は16,482円(税別)で、10月4日より予約開始。

vivosmart 4には、従来の活動量計に“BODY BATTERY(ボディーバッテリー)”と“アドバンスドスリープモニタリング”の2つの新機能が搭載された。

  • BODY BATTERY
    BODY BATTERYとは、Garminが新たに開発したカラダのエネルギー残量を表す数値。ストレス、心拍数の変動、睡眠、活動状況などから体のエネルギーレベルを判断し、自分が休息をすべきか体を動かすべきか、タイミングを視覚的に示す。BODY BATTERYの詳細は、無料のアプリGarmin Connectで閲覧することが可能。24時間内の、休息によるボディーのバッテリーの増加や、アクティビティの実施や体調不良による消耗もグラフと数値で可視化。結果に対するコメントも、アプリから提供される。
  • アドバンスドスリープモニタリング
    睡眠中に装着することで、レム睡眠、ノンレム睡眠の詳しい情報をGarmin connectを通じて確認できる。

また、バッテリー稼働時間は最大で7日間となり、シャワーやプールで使用可能な50m防水性能をもつ。光学式心拍計の搭載をはじめ、ステップ数、上昇階数、消費カロリー、週間運動量、MoveIQなどのライフログ機能に加え、スイミング、サイクリングのスポーツアプリも追加された。

【関連リンク】
vivosmart 4

Previous

ベジタリア、高速LTEデータ通信対応、電源がなくても監視可能な屋外乾電池式IoTカメラ発売

リーフ、医療リハビリ支援ロボットの量産・事業化促進のため総額2.8億円の第三者割当増資を実施

Next