コージェントラボと京都電子計算、LGWAN対応の自治体向けAI手書き文字認識サービス提供開始

株式会社Cogent Labs(以下、コージェントラボ)と京都電子計算株式会社は、コージェントラボが提供するAI技術を活用したAI OCRサービス「Tegaki」に関する付加価値パートナー契約を締結し、京都電子計算より「自治体向けAI手書き文字認識サービス」を「Cloud PARK」のサービスメニューとして本日2018年10月1日(※1)提供開始した。

「自治体向けAI手書き文字認識サービス」は、「Tegaki」のサービスに加え、京都電子計算にてセキュリティ機能や運用サポート機能を新たに搭載し、LGWAN-ASPサービスとして提供を行う。地方公共団体では申請書類やアンケート用紙など、紙で取り扱われることが多い入力情報のデジタル化が障壁となっていた。今回の連携により、地方公共団体の手書き書類のデジタル化に活用可能となった。

手書き文字の認識率99.22%(※2)を達成した「Tegaki」の変換機能でテキストデータ化を実現するとともに、項目分解・復元機能や誤認識文字追加修正機能をオンプレミス提供。また、庁外への送信前に読み込んだ手書き書類イメージを項目毎に分割・シャッフルする抽象化機能や非送信項目を設定する機能等、地方公共団体のセキュリティポリシーに配慮したセキュリティ機能を備えている。

さらに地方公共団体は「Cloud PARK」サービスメニューのRPA(Robotic Process Automation)ソリューションやBPO(Business Process Outsourcing)ソリューションと同サービスメニューを連携させ、さらなる業務プロセスの効率化を実現し、働き方改革の推進を行うという。

コージェントラボと京都電子計算、LGWAN対応の自治体向けAI手書き文字認識サービス提供開始

※1 10月よりテストユーザーにサービス開始。12月より一般ユーザーへサービス開始。
※2「Tegaki」の認識率の詳細について
「Tegaki」の認識率について、すべての手書き帳票で初回から99.22%の認識率を保証するものではない。コージェントラボの開発したエンジンを使用して下記の文章を認識した場合の認識率は99.22%となる。

コージェントラボと京都電子計算、LGWAN対応の自治体向けAI手書き文字認識サービス提供開始

【関連リンク】
コージェントラボ(Cogent Labs)
京都電子計算(KIP)

Previous

ソースネクストの小型通訳機「POCKETALK W」、東京駅の商業施設で実証実験を開始

KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始

Next