スワローインキュベート、目で本人認証を行う「国産 虹彩認証SDK」を提供開始

株式会社スワローインキュベートは、パナソニック株式会社の特許を活用した「国産 虹彩認証SDK」を自社開発し、本日2018年10月2日から提供を開始した。現在、複数社にて導入実証を進めている。

「虹彩認証」は、人間の目の「虹彩」を用いて本人認証を行う「生体認証」のひとつ。

「生体認証」は、暗証番号やカードを使用する従来の認証とは異なり、記憶したり持ち歩きが不要で、盗難や紛失の心配がなく、偽造が困難であることが特徴だ。「生体認証」の中でも、「虹彩認証」は他の生体認証と比べて経年変化がなく、タッチレスな認証を実現できる。

スワローインキュベート、目で本人認証を行う「国産 虹彩認証SDK」を提供開始

「虹彩認証SDK」の特長は以下の通り。

  • 「国産 虹彩認証SDK」
    これまで外国産に頼らざるを得なかった「虹彩認証技術」を自社開発し提供。
  • 「瞳孔径マルチテンプレート方式」を実装(パナソニック特許活用)
    「瞳孔径マルチテンプレート方式」を用いることで、虹彩認証において従来より課題となっていた「照度条件の異なる撮影環境」での認証精度の向上に成功。
    スワローインキュベート、目で本人認証を行う「国産 虹彩認証SDK」を提供開始
  • わずか1秒未満の「高速な認証速度」
    特許活用や独自の研究により、UX向上に欠かせない高速な認証速度を実現。
  • 他のエンジンやAI、IoTサービス等と組み合わせ可能
    他機能との組み合わせが自在。すでに製品化、もしくは開発中の製品やサービスにも「虹彩認証」を組み込むことが可能。
  • 虹彩認証の利点を活かした様々な導入シーン
    オフィス・工場・医療現場・マンション・スマートホームなどの入退室管理セキュリティや、コネクテッドカー・ATM・金庫・空港・パソコンやスマートフォン等の各種IoT端末での本人認証のほか、POSレジ・レジャー施設などの決済デバイスにも利用可能。手袋やマスクを着用するような、従来の指紋認証や顔認証では難しい利用シーンにおいても「虹彩認証」なら導入可能だ。

【関連リンク】
スワローインキュベート(Swallow Incubate)
虹彩認証SDK

Previous

キヤノンMJが金属技研に金属3Dプリンターを納入、重工業や自動車分野の部品量産用途向けに金属3Dプリンター事業強化

伊丹市・ミマモルメ・ドコモ、BLEと自動販売機を活用した見守りサービスを構築

Next