Amazon、Alexaに対応したストリーミングメディア端末「Amazon Fire TV Stick 4K」を発売

Amazonは、Amazon Alexa対応の音声認識リモコン(※1)を標準で付属した新世代のストリーミングメディア端末「Amazon Fire TV Stick 4K」を発表した。「Fire TV Stick 4K」と接続されたテレビやスピーカー、AV機器もリモコンを通して電源と音量の操作が可能になる。

価格は6,980円(税込)で10月3日より予約受付が開始、出荷開始は12月12日を予定。Alexa対応音声認識リモコンは単体でも提供される。価格は2,980円(税込)で、「Amazon Fire TV Stick 4K」と同じく予約注文は開始されており、出荷開始は12月12日予定。

「Fire TV Stick 4K」は、1.7GHzで動作するプロセッサーの搭載により、従来の「Fire TV Stick(第2世代)」と比較して、パフォーマンスが80%以上向上、快適な映像ストリーミング体験、迅速なローディング、鮮やかな画質を実現するという。4K Ultra HD対応に加えて、Dolby Vision(※2)とHDR10+に対応。また、顧客は「Fire TV Stick 4K」に対応しているホームオーディオ機器と接続することで、Dolby Atmos対応コンテンツによる3Dサラウンド・サウンドを楽しむこともできる。

Alexa対応音声認識リモコンは、Bluetooth、マルチダイレクショナル赤外線技術、そしてAmazonのクラウドサービスをエンジンとして、このリモコンに対応したテレビとオーディオ機器の電源や音量、消音をボタン操作できるほか、音声でも操作できる。

音声によるコンテンツの検索や操作も可能になるため、利用者はPrime Videoで好きな作品の検索、再生、早送り、巻き戻しを声で行えたり、「アレクサ、4Kのテレビ番組を見せて」や「アレクサ、アニメを見せて」とAlexaに話しかけるだけで簡単にコンテンツを楽しむことができる。さらに音楽やニュース、天気予報の視聴・把握など、さまざまなことを簡単に行えるとともに、Alexaスキルも利用できるという(※3)。

また、「Fire TV Stick 4K」とEchoデバイスの組み合わせにより、Alexa遠隔音声認識機能を利用でき、一部のコンテンツをハンズフリーで操作することも可能になる。「アレクサ、Fire TVでバラエティを探して」とAlexaに話しかけるだけでコンテンツを検索できる。引き続き新機能の追加が予定されているという。

さらに、既存の「Fire TV (第3世代、2017年モデル)」と「Fire TV Stick(第2世代、2017年モデル)」の製品にも、Wi-Fi経由でのソフトウェアアップデート(12月予定 ※4)により、これら製品に付属した既存の音声認識リモコンでAlexaの利用が可能になる(※1)。さらに、このソフトウェアアップデートにより、Echoデバイスとの組み合わせでAlexaの遠隔音声認識機能も利用できるようになるという。

※1 一部のAlexa機能は利用できない。
※2 現在、Dolby Visionのコンテンツは提供されていない。今後提供予定。
※3 一部のAlexaスキルは利用できない。
※4 ソフトウェアアップデートは予め許可する必要がある

【関連リンク】
Fire TV Stick 4K

Previous

ルネサス、独自のDRP技術で画像のリアルタイム処理を低消費電力で実現するマイクロプロセッサ「RZ/A2M」を発売

「データで儲ける」ってどういうこと? ー八子知礼×小泉耕二【第10回】

Next