恵比寿ボイスプロダクション、Google Home専門の技術支援を開始

恵比寿ボイスプロダクションは、Google Homeを専門に扱う技術支援業務を開始した。

恵比寿ボイスプロダクションは、Google Home(Actions on Google)を中心にスマートスピーカー(AIスピーカー、音声アシスタント、音声UI)アプリケーションの開発・サポートを手がける開発チーム。これまでに70以上の拡張機能(以下、「アプリ」と呼称)を開発し、Actions on Googleを使ってアプリを公開してきた。この知見をもとに、Google Homeのアプリ開発に関する技術支援を行うために以下の2つの業務を行う。

  1. 開発コンサルティング
    Actions on Googleの仕組みに沿って独自のアプリを開発する際の技術支援を行う。企画段階から開発段階、公開段階までの各段階でのコンサルティング、また必要に応じてプロトタイピング開発を行う。
  2. FAQアプリ作成サービス「RINDO」
    対話により情報を提示するアプリを簡単に作成できるサービスを提供。複雑なプログラミングをすることなく、会話のパターンを記述することでアプリを作成し、最終的にアプリの公開を行うことができる。

「RINDO」はプログラミング不要で、対話型のアプリを作成できるサービス。具体的には、想定する対話を質問と回答のパターンであらかじめ記述しておくことでアプリの動作を定義し、アプリを作成できる。

以下の動画は、RINDOで作成したアプリの例だ。このアプリは、インターネット上のペットグッズショップ「オリジナルペット」の営業案内をするアプリで、既に公開されている。「OK Google, オリジナルペットのサポートにつないで」と呼びかけることで、誰でも利用することができる。

「Ok Google, オリジナルペットのサポートにつないで」紹介動画

【関連リンク】
恵比寿ボイスプロダクション(Ebisu Voice Production)
RINDO

Previous

NECがヒアラブルデバイスの活用領域を拡大、バイタル情報の管理・騒音下でも発話音声をクリアにする技術を開発

新鋭、スマートホーム対応Wi-Fi接続防犯カメラを発売

Next