LINE、車と「Clova」を連携させる「Clova Auto」を通じてナビゲーションサービスを提供

企業:

LINE株式会社は、トヨタ自動車株式会社が2017年より導入したクラウドでの高鮮度なビックデータを活用したナビゲーション基盤を、「Clova Auto」と統合し、ナビゲーション機能までを統合したスマートフォンアプリケーションを2019年夏より提供する。

LINEは「LINE CONFERENCE 2018」にて、車載器とAIアシスタント「Clova」を連携し、「Clova」が車の空間で利用できるサービス「Clova Auto」を発表した。

そして、今回新たに発表した連携により、「Clova Auto」 は、ドライブをしながら家の電気を消す、目的地の天気を調べる、LINEメッセージの送受信といったことが音声によって実現できるのみならず、目的地検索、カーナビゲーションまでを提供し、車に関するドライバーのニーズをワンストップで実現するサービスとのこと。

「ねぇClova、東京タワーまでの行き方を教えて」「東名高速道路の渋滞情報を教えて」など、音声によるナビゲーション操作を可能にした。また、「Clova Auto」は、車載器とスマートフォンを連携するSmart Device Link(SDL)に対応し、ハンドルの音声コントロールボタン、ディスプレーへの地図等の情報表示も可能。

「Clova Auto」に統合させるトヨタのナビゲーション基盤は、膨大な交通情報から、より短時間で到着する最適なルートを探索し、通信圏外や、案内されているルートから逸脱した際のリルートなど、速い応答性が要求されるときは、ローカルのルート探索処理に切り替えるハイブリッドナビゲーションシステムである。

ユーザーの走行情報から生成した独自のプローブコミュニケーション交通情報を基に、道路状況を予測し、より短時間で到着する最適なルートの提供が可能とのこと。このように、「Clova Auto」を通じ、車内での音声操作や両社が持つビッグデータを活用した精度の高い道路状況予測や個人化されたナビゲーションを実現できるという。

2018年12月発売予定のSDL対応車載器に対して、「LINE MUSIC」アプリの連携より開始し、「Clova Auto」アプリは2019年春より開始。ナビゲーション機能については2019年夏にと順次提供を予定。

【関連リンク】
LINE

Previous

凸版印刷、LTE通信を利用した緊急速報や戸別送受信機を開発

JUKIと日立、IoT活用によるプリント基板生産ラインの最適化に向けて協創開始

Next