Arm、5Gと次世代クラウド・エッジ間インフラストラクチャ専用の基盤「Arm Neoverse」発表

企業:

英Armは、5Gネットワークと次世代クラウド・エッジ間インフラストラクチャに向けた専用のロードマップの詳細と、インフラストラクチャ・クラスIPの新ブランド「Arm Neoverse(アーム・ネオバース)」を発表した。

最新のロードマップは、インフラストラクチャ専用に設計されたもので、7nm対応「Ares」IPプラットフォームの2019年前半の提供開始に始まり、2021年までの期間を通じ、世代間で30%のシステム・パフォーマンス向上を目指すとした。

データパターンの変化、最新のワークロード、進化するインフラストラクチャの需要の高まりに対応し続け、1兆個のインテリジェントデバイスをサポートする上で欠かすことのできないパフォーマンス、効率性、拡張性の要件を達成できるよう、Neoverse IPのロードマップは特別なアーキテクチャに基づいているという。

新しく発表された「Arm Neoverse」は、現時点では見られない、より高水準のパフォーマンス、セキュリティ、拡張性を発揮できるよう独自設計されている。これは、シリコン、ソフトウェア、システム向けのマイクロアーキテクチャ設計のイノベーションによってソリューションを実現し、さまざまな演算リソース全体を対象に、進化する多様な要件に応えるものだという。主要な設計原則は以下の通り。

  • クラウドネイティブのネットワーク型ワークロード専用の、高性能かつセキュアなIPとアーキテクチャ
  • 「Ares」(7nm)、「Zeus」(7nm+)、「Poseidon」(5nm)など、最先端のプロセスノードに最適化され、インフラストラクチャの各種システムを実現するための、拡張性に優れたIPセット
  • ソフトウェア、ツール、シリコンの統合型プラットフォームへのレバレッジ投資を通じ、幅広いユースケースを対象に、多様な独自ソリューションを開発するための堅牢なエコシステム

クラウド・エッジ間でよりユビキタスな演算リソースを提供しつつ、次世代の分散型クラウド・エッジ間インフラストラクチャについて、高いパフォーマンスと効率性を発揮できるよう、Armとそのエコシステムは継続的な投資を行っている。

Previous

神戸デジタル・ラボ、ソラコムがパートナーシップを締結

凸版印刷、VR映像視聴時の酔いや疲労を軽減するヘッドマウントディスプレイ開発

Next