ネクステッジ、ステレオビジョン方式3Dセンサー「aeroTAP 3D USBカメラGS」発表

株式会社ネクステッジテクノロジー(以下、ネクステッジ)は、ステレオビジョン方式の3Dセンサー「aeroTAP 3D USBカメラGS」を発表した。販売時期は11月出荷、価格は40,000円以下になる予定だという。

ステレオビジョン方式の3Dセンサーでは、深度計算、カラー画像と深度画像との同期とマッピング処理がモジュール内蔵のICチップで処理されるため、CPUへの負担がなく、シンプルな機構で構成できる。また、従来のaeroTAP 3D USBカメラに比べ、高精細な3Dキャプチャを実現するために、ベース幅を6cmとし、広角FOV84(※1)、グローバルシャッターを取り入れ、1280×780のカラーと深度画像がUSB 2.0/3.0から取得できる。

ネクステッジ、ステレオビジョン方式3Dセンサー「aeroTAP 3D USBカメラGS」発表
1280×720深度画像とカラー画像が完全に一致しているため、カラー画像と合成した、3Dキャプチャーが簡単に行える。

利用用途は以下の通り。

  • モビリティロボット、ADAS用のセンサー
  • VRやMRコンテンツのインターフェイス
  • 3Dデジタルコンテンツ
  • インターラクティブ デジタルコンテンツ
  • 監視カメラ、見守り、セキュリティカメラ
  • 人数カウント
  • 人物動作解析
  • ゲーム
  • スケルトン追跡(※2)、人物抽出
aeroTAP3D USB vs aeroTAP 3D USB GS

aeroTAP 3D USBカメラと共通のカメラベースが利用できる。また、カメラモジュール部分は取り外して三脚ネジで固定することも可能。

※1 広角FOV84レンズの採用により、1.5m離れると人物の全身を捕らえることができる。
ネクステッジ、ステレオビジョン方式3Dセンサー「aeroTAP 3D USBカメラGS」発表
※2 スケルトン追跡:​無料で提供されるOpenNI2ドライバーを介して、PCL、Unityをはじめ様々な既存のアプリケーション、アプリケーション開発環境で3Dデータを利用できる。
ネクステッジ、ステレオビジョン方式3Dセンサー「aeroTAP 3D USBカメラGS」発表

【関連リンク】
ネクステッジ(nextEDGE Technology)

Previous

サンワサプライ、Amazon Alexa搭載スマートスピーカーを発売

京セラ、LPWA活用・7種センサー搭載の小型「IoTユニット」発売

Next