ラディウス、Bluetooth 5.0対応の完全ワイヤレスイヤホン発売

ラディウス株式会社は、AACに対応した完全ワイヤレスタイプのBluetoothイヤホン「HP-T100BT」を2018年10月26日に発売する。特長は以下の通り。

  1. Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス+臨場感あふれるパワフルサウンド
    ケーブルを無くした完全ワイヤレスで、Bluetooth 5.0技術により安定したデジタル信号を送受信。力強い駆動を実現する高剛性振動板を採用し、音量に関わらずクリアでバランスのとれたパワフルサウンドを実現。
  2. スポーツ、エクササイズなどに最適。汗、雨に強い防滴IPX4仕様
    汗や水しぶき、急な雨などからヘッドホンを守る防滴仕様。
  3. 長時間の使用も快適で落ちにくい装着性
    イヤーフックは柔らかいシリコン素材で耳から外れにくく、しっかりとフィット。長時間の使用における耳へのストレスを軽減しながら片側の重さが4.5gと軽量で快適な付け心地。
  4. LEDで充電状況も分かりやすい充電可能な専用ケース
    付属のケースは本体を保護するだけではなく製品を充電することが可能。1回の充電で最大4時間30分の連続再生。ケースをフル充電することで約5回分の使用が可能だという。また充電中は赤色、充電完了で青色点灯し充電状況が一目で分かる。

    ラディウス、Bluetooth 5.0対応の完全ワイヤレスイヤホン発売

  5. 音質劣化の少ないAACコーデックに対応
    高音質伝送方式のAACに対応している。
  6. 自動ON/OFF、簡単ペアリング
    充電ケースから出し入れするだけで電源ON/OFF、端末とのペアリング設定モードが自動で起動。一度ペアリングすると、次回使用する際は充電ケースから取り出すだけで自動で接続される。
  7. 再生停止、曲送り、曲戻し、Siriの操作を耳元で
    スマートフォンを操作することなく、音楽の再生、一時停止、曲送り、曲戻しやSiriの操作ができる。
  8. ハンズフリー通話にも対応
    Bluetooth HFP/HSP対応のiPhoneやスマートフォン、携帯電話でハンズフリー通話が両耳で可能。

【関連リンク】
ラディウス(radius)
ワイヤレスBluetoothイヤホン「HP-T100BT」

Previous

コネクシオとケイ・オプティコム、IoT導入から運用までのサポートサービスで業務提携

LeapMind、低消費電力FPGA上でDeep Learningを実現する「Blueoil」をオープンソース化

Next