西菱電機、IoTセンサーデバイスおよび農業用センサーの提供開始

西菱電機株式会社は、2018年10月24日よりIoTセンサーデバイス「IoT ボックス」および農業用センサーの提供を開始する。「IoTボックス」はWiFi/3G/LoRaWANの3つのモデル、農業用センサーは取り換え式土壌センサー/CO2センサー/照度センサーをオプションとして利用できる。

概要

IoTボックス

お客様の用途と利用される環境に合わせて、3つのモデルの中から選択できる。

IoTボックス仕様・価格
IoTボックス仕様・価格

農業用オプション

圃場内の複数箇所にセンサーを設置したいというニーズに応えるために、IoTボックスと土壌センサー(地上温度、土壌湿度)を分離して設置できるようにした。

農業用オプション仕様・価格
農業用オプション仕様・価格

ビニールハウス内での活用例

  • ハウス内の環境のバラつきを温度や土壌湿度の計測で数値化しハウスの特性を把握する
  • ハウス内の土壌湿度を計測し、適切な水やり時間を判断する
  • 西菱電機株式会社

    携帯情報通信端末の販売及び修理再生などを手がける「情報通信端末事業」、情報通信機器及びシステムの開発、販売、保守、運用を手がける「情報通信システム事業」、IoTサービスを中心とする「IoT事業」を展開する ICT ソリューション企業です。

    「Seiryo Business Platform(SBP)」とは

    「Seiryo Business Platform(SBP)」とは、西菱電機が提供するIoTサービスとコミュニケーションツールの総称。IoTやコミュニケーションツールを活用したデータ計測や自動化により、業務の数値化や手間の多い業務の効率化など、顧客の現場改善と生産性向上を支援するとのこと。

    Previous

    通信モデムと電池の一体化がコンシューマIoTの起爆剤に —CEATEC JAPAN 2018レポート5

    ライムライト・ネットワークス、日本人のテレビ離れ加速、今後オンラインビデオの視聴が伸びると発表

    Next