ソニーネットワークコミュニケーションズ・NECネッツエスアイ・オリックス、 LPWA「ELTRES」の国内商用化に向けた共同事業を開始

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、NECネッツエスアイ株式会社、オリックス株式会社は、ELTRES(エルトレス)IoTネットワークサービスの国内商用化に向けた共同事業を開始することに合意した。

ELTRESは、長距離安定通信、高速移動体通信、低消費電力という特長を持つ、ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格。ETSI(European Telecommunications Standards Institute)(※1)において国際標準規格として公開された(※2)ことを受け、2018年9月より、ソニーネットワークコミュニケーションズが商用化に向けたプレサービスを提供している。

同サービスの国内商用化に向けた共同事業においての各社の役割は以下の通り。

  • ソニーネットワークコミュニケーションズ
    主にネットワークの構築および運用・管理と、ソリューションの提案やアプリケーションの提供などのビジネス展開を検討する企業を対象としたパートナープログラムの運営
  • NECネッツエスアイ、オリックス
    様々な分野のパートナー企業やユーザー、顧客企業・団体に対し同サービスの販売、提供およびユーザーサポート

ソニーネットワークコミュニケーションズ・NECネッツエスアイ・オリックス、 LPWA ELTRESの国内商用化に向けた共同事業を開始
三社は、パートナープログラム参画企業を含む複数企業でのパートナーシップや共創体制を構築することで、様々な分野におけるLPWAの利活用を促進し、インフラ監視(例:LPガスメーター情報の取得)、車両位置管理(例:バストラッキング)、見守り(例:登山者の遭難対策)などIoT分野における多様なニーズに柔軟に対応していくという。

※1 欧州電気通信標準化機構。ETSIは欧州における電気通信標準を作成する独立非営利団体。
※2 ETSI LTN(Low Throughput Network) TS(Technical Specification) 103 357 V1.1.1の中の“Lfour family”として公開されている。

【関連リンク】
ソニーネットワークコミュニケーションズ(Sony Network Communications)
NECネッツエスアイ(NESIC)
オリックス(ORIX)

Previous

NXP、エッジ・デバイス向けに新たな機械学習開発環境を発表

CANDY HOUSE JAPANのスマートロック「SESAME」、メトロエンジンの民泊ダッシュボードと提携

Next