FAプロダクツと図研、スマートファクトリー構築支援の「FACTORY DIGITAL TWIN」で協業

株式会社FAプロダクツは、株式会社図研が推進する「FACTORY DIGITAL TWIN」において協業することに合意した。今回の合意で、スマートファクトリー構築を目指す双方の顧客に、一層効果的な提案ができる体制が構築されるという。

「FACTORY DIGITAL TWIN」は、図研がこれまで主に設計分野で培ってきた3Dデータ活用技術を、製造ライン構築や生産設備の導入、各種工場内配線検討まで拡張して適用することにより、スマートファクトリーの前提となる「工場の見える化」の迅速な実現を目指す取組み。

この「工場の見える化」は、「建屋・設備の見える化」「つながりの見える化」「稼働状態の見える化」から成り立つと考え、これらを実現し、顧客がそこから成果をあげていくために、様々な技術やサービスを組合せて提案していくことが必要だという。

FAプロダクツは、中核事業としてスマートファクトリー事業を持ち、様々なソリューションパッケージを開発、販売している一方で、同社の製品だけでなく、スマートファクトリー構築に資する要素技術やソリューションを外部パートナーからも広く採り入れ、顧客に対する提案を行っている。

そこで図研とFAプロダクツは、自社が提供する製品やサービスに限らず、顧客に最適なソリューションを提案していくため、協業するに至ったという。

【関連リンク】
FAプロダクツ(FA Products)
図研(ZUKEN)
「FACTORY DIGITAL TWIN」

Previous

オン・セミコンダクター、Sigfox認証済みRF SiPソリューションでCE認証取得

キッセイコムテック、竹内製作所のシステムレンチIoT本格運用開始

Next