東急住宅リースがマウスコンピューターと提携、入居者向け自宅をIoT化する「mouseスマートホーム」製品の提供開始

東急住宅リース株式会社は、株式会社マウスコンピューターと提携し、同社が管理する約89,000戸の賃貸住宅の入居者に、「mouseスマートホーム」製品の紹介および提供を開始した。

スマートフォンにアプリをインストールし、ルームハブをセットすることで、ルームハブと「mouseスマートホーム」製品機器や手持ちの家電を連携。アプリによるエアコンやテレビの遠隔操作、スマートLEDライトの点灯・消灯、ドアセンサーによるドアや窓の閉め忘れの感知と通知、モーションセンサーによる人や動物の動きの感知と通知等が可能になり、自宅のIoT化が実現する。全ての機器で取付工事が不要なため、賃貸住宅でも設置可能。

家具家電レンタルサービスサイト「RENTAS(レンタス)」で、スターターキットのレンタルサービスを開始した。レンタル期間終了後に、希望に応じて買い取りも可能だという。ルームハブを中心とした「mouseスマートホーム」5製品のスターターキットの内容は以下の通り。

  1. ルームハブ
  2. スマートLEDライト
  3. スマートプラグ
  4. ドアセンサー
  5. モーションセンサー

【関連リンク】
東急住宅リース(Tokyu Housing Lease)
マウスコンピューター(MouseComputer)
「mouseスマートホーム」
家具家電レンタルサービスサイト「RENTAS(レンタス)」

Previous

STマイクロエレクトロニクスとFidesmo、ウェアラブル機器でセキュアな非接触決済を実現する決済用SoCを発表

日立、大型の産業機器事業を分社

Next