西菱電機、圃場管理できるクラウドサービス「農業クラウド」の提供開始

西菱電機株式会社は、「農業クラウド」の提供を本日開始した。

「農業クラウド」は、都市型農家でも簡単に圃場管理できるクラウドサービスで、西菱電機が提供する農業用の各種IoTセンサーデバイスに対応している。月額サービス料は2,000円(税別)だ※。

主な機能は以下の通り。

  • 圃場別の計測データおよび飽差の表示
  • 圃場照会(センサー別グラフ、圃場別グラフ、定点観測画像、栽培記録、圃場別比較)
  • 圃場管理(属性情報、栽培記録、デバイス管理)

接続できるIoTセンサーデバイスは以下の通り。

  • IoTボックス(WiFiモデル、3Gモデル、LoRaWANモデル)
  • 取り換え式土壌センサー
  • LoRaWAN農業センサー

※計測データは10分値の料金。IoTセンサーデバイスは別途購入が必要。農業クラウドを契約した場合は、標準ダッシュボードが無料で利用できる。

【関連リンク】
西菱電機(SEIRYO ELECTRIC)

Previous

ベッコフオートメーション・駿河精機・CCT、工作機械のCNCにAIなど組み込んだ小型マシニングセンタを開発

サンワサプライ、スマホで家中のスイッチをON・OFF「SwitchBot」を発売

Next