東芝デジタルソリューションズ、IoTデータ活用ソリューション「Meister Apps」 提供開始

東芝デジタルソリューションズ株式会社は、ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」の中核商品である、ものづくり情報プラットフォーム「Meister DigitalTwin」につながり、目的に応じた軸での見える化や分析、トレーサビリティなどIoTデータの価値をさらに高めるソリューション「Meister Apps」の提供を開始する。

「Meister Apps」は、同社の各種アプリケーションの提供に加え、今後パートナー企業の製品やサービス等も拡充することにより、ものづくりのさまざまな要件に対応したデータ活用を柔軟にサポートしていく。

「Meisterシリーズ」は、東芝グループで培った生産技術や製造ノウハウを結集し、製造業におけるIoTデータの収集・蓄積や効果的な活用を実現する、東芝のIoT 「SPINEX(スパインエックス)」における製造業向けソリューションです。その中核商品である「Meister DigitalTwin」は、ものづくりの現場で発生する多種多様かつ膨大なデータを関連付け、デジタル空間上に写像する情報プラットフォーム。

製造業向けの汎用型データモデルを用いてデータの関係性を自動的に保持し、ビッグデータ高速処理基盤により時系列で高速に蓄積することで、製品に関する過去・現在のデータの管理、分析、追跡を可能にする。

今回提供を開始するIoTデータ活用ソリューション「Meister Apps」は、Meister DigitalTwinと連携したアプリケーション群に加え、データ活用のコンサルティング、最新AI技術の活用も含めたデータ分析ツール・サービスを提供する。第一弾として、工場やユーティリティの見える化、分析データ出力、トレーサビリティのテンプレートをリリースする。

今回リリースするMeister Apps™のアプリケーション

トレーサビリティ テンプレート
出荷後・工程内不具合が発生した際に、対象の製品がいつ、どこで、どのように作られたか、その対象の製品がどこまで波及しているかをトレースする機能。 製造時のIoTデータも含めた情報から、不具合の原因パターンを推定し、IoT時代のトレーサビリティを実現。
ユーティリティ見える化テンプレート
工場ユーティリティ設備の稼働状況のモニタリングと、外付けセンサーなどのセンサー値をモニタリングし、設備の異常を早期発見することを支援する機能。
工場見える化テンプレート
生産進捗・設備イベント・品質アラートをダイアグラムとしてグラフに描画し、改善すべきことの気づきを支援する機能。
分析データ出力テンプレート
Meister DigitalTwinに蓄積されたIoTデータ、ビジネスデータを分析・活用するため、製品軸で工程を横断したさまざまな条件でデータを抽出する機能。

【関連リンク】
東芝デジタルソリューションズ(Toshiba Digital Solutions)

Previous

ユニバーサルスペース、リフォーム業界初!介護リフォーム見積AIアプリを運用開始

KDDIと楽天、決済、物流、通信分野における事業提携

Next