東芝デジタルソリューションズ、設備・現場業務情報をモバイル端末に集約「Meister Digital Field Work」

東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下、同社)は、設備の点検や保全業務など設備に関する現場業務をモバイル端末でサポートする現場業務支援ソリューション「Meister Digital Field Work」の提供を開始する。

電力設備、工場設備、その他社会インフラ設備等の設備管理に関する現場業務では、設備の複雑化・高経年化が進み、また、人材の高齢化に伴う知識継承が不足する環境の中で、設備稼働率の向上、保全コストの低減、作業工期の圧縮が求められており、現場作業員の負荷が増大している。

「Meister Digital Field Work」は、現場の点検・保全業務に必要な情報やノウハウをモバイル端末に集約し、参照できるようにすることで、経験の浅い作業員や頻度の少ない作業をサポートし、作業ミスや作業漏れを防止するソリューション。

点検履歴や運転情報、故障の情報といった設備管理データと、センサーなどのIoTデータを統合し、設備管理システム等の上位システムに依存することなく、モバイル端末から現場で必要なデータにアクセスすることができる。

また、UXデザインにより、現場の作業員が必要な情報を素早く把握できる操作性を実現している。さらに、現場で点検結果や運転データの登録ができ、不具合発見時には現場から保全依頼をすることもできる。

「Meister Digital Field Work」の特長

  1. 設備管理の現場業務をトータルサポート
  2. 「Meister Digital Field Work」は、同社が提案する次世代のEAMソリューションの現場業務を担うソリューション。設備管理システムの情報のほか、設備のIoTデータやAI等による分析データと連携して参照できるようにすることで、設備管理に関する現場業務をトータルでサポートする。

  3. バックエンドシステムに依存しないフロントサイドソリューション
  4. モバイル端末上で操作する現場の保全業務機能と、上位の設備管理システム等と連携する中間サーバで構成され、バックエンドシステムに依存することなくフロントサイドで使用することができるソリューション。

    モバイル端末側では日常点検機能や保全履歴機能を提供し、中間サーバを介し上位システムで計画された点検・保全作業指示の配信と、端末で入力された点検・保全結果の上位システムへの送信を行う。

  5. UXデザインによる現場作業員目線で使いやすいソフトウェア
  6. さまざまな点検・保全現場の観察を通じて見えてきた現場業務の課題をUXデザインにより整理し、あらゆる情報をタブレット端末に集約し、優れた操作性で必要な情報を素早く掌握できることをコンセプトに、ソフトウェアを実装。

    確実に点検情報を取り扱える「直感性」、初めての業務や事態にも蓄積されたノウハウで対応できる「安心感」、多くの情報をいつでもどこでも取り扱える「情報力」を備えた使いやすさを追求するという。

【関連リンク】
東芝デジタルソリューションズ(Toshiba Digital Solutions)

Previous

NTT西日本、Private LoRaネットワークと小型デバイスを活用した走者位置情報把握

凸版印刷、360度VR映像の交通安全教育用シミュレータを愛知県警と制作

Next