ドコモ、AGCと提携し世界初『窓の基地局化』に成功

株式会社NTTドコモとAGC株式会社は提携し、景観を損ねずに既存窓ガラスの室内側から貼り付けができる電波送受信が可能なガラスアンテナを共同開発した。両社は、このガラスアンテナを活用し、2019年上期より携帯電話のサービスエリア拡充を図る。

移動通信のトラヒック量は増大し続けており、安定した高速通信に向けて対策が必要となる。高トラヒックエリアにおいては、スモールセル基地局(※1)を設置しトラヒックを分散させることが重要で、スモールセル基地局用のアンテナ増設が必要となる。

現在、スモールセルアンテナは主に建物の屋上や中低層階の壁面に設置されているが、屋上や壁面は設置できる場所が限定されること、街の景観を損ねることから、設置が困難な場合が多い。そのため、建物内にアンテナを設置することで建物内から屋外をエリア化することを検討した。

建物内へのアンテナ設置において、室内の意匠性を損ねる、電波が窓ガラスを通過する際に減衰するといった課題があり、これを解決するために、AGCが保有する既存窓の表面にガラスを貼り付けるアトッチ工法(※2)を活用し、室内の窓面に設置可能な新たなアンテナの開発を進めてきた。

今回開発したガラスアンテナは、透明・透視性のある導電材料とガラスを組み合わせており、

  • 透明であるというガラスの特徴により目立ちにくく、景観や室内デザインを損なわない
  • 新たに開発したGlass Interface Layer(グラス インターフェイス レイヤー)(※3)の効果により、窓ガラスを通過した際の電波の減衰・反射を抑える
  • という特長を持っている。

    両社は2019年上期より、現在主流であるLTEの周波数帯の基地局へ本ガラスアンテナを展開していく予定。さらに、5Gに対応したガラスアンテナの開発も検討していくという。

    ※1 主に高トラヒックエリアに、通常基地局のエリア内に設置する、小さなサービスエリアを構築する基地局。
    ※2 既存窓に後からガラスを貼り付けることで、省エネ・防音などの機能を付加することができる工法。
    ※3 ガラスに近づくことによってガラスアンテナの性能が変わる影響を抑え、アンテナ本来の持つ性能を引き出す技術。

    ガラスアンテナによる電波放出(イメージ)
    ガラスアンテナによる電波放出(イメージ)
    ガラスアンテナ施工の様子(イメージ)
    ガラスアンテナ施工の様子(イメージ)
    ガラスアンテナ(画像)
    ガラスアンテナ(画像)

    【関連リンク】
    ガラスアンテナの詳細
    NTTドコモ(NTT docomo)
    旭硝子(AGC)

    Previous

    現代自動車と起亜自動車、東南アジアでEV導入加速のためGrabに2億5,000万ドル出資

    キリン、AI活用のクラフトビールナビゲーションサービス「ビアナビ」テスト展開開始

    Next