キリン、AI活用のクラフトビールナビゲーションサービス「ビアナビ」テスト展開開始

キリン株式会社は、AIを活用して、顧客自身が自覚していない嗜好を予測し、好みに合ったクラフトビールをナビゲーションするサービス「ビアナビ」をテスト展開する。

  • テスト展開期間:2018年11月8日~12月16日
  • 展開店舗:キリンシティ株式会社のキリンシティプラス池袋WACCA、キリンシティプラス横浜ベイクォーター 計2店舗

「ビアナビ」は、キリンの酒類技術研究所が蓄積してきたビールの嗜好データ・知見を用いて、国立研究開発法人 産業技術総合研究所に設置された人工知能技術コンソーシアム AIリビングラボWG(※1)と共同で開発したサービス。

電子端末を使い自分のライフスタイルや食の嗜好性など、10問程度の質問に答えることで、同社が保有する嗜好データから回答者が好むクラフトビールの傾向を予測し、おすすめのクラフトビールをナビゲーションする。

機械学習を重ねることで、より精度の高いレコメンドが可能になるという。

テスト展開では、該当店舗への来店客がiPadminiを使って質問に回答、4種類(※2)のクラフトビールの中から、来店客の嗜好に合ったクラフトビールを提案する。

キリン、AI活用のクラフトビールナビゲーションサービス「ビアナビ」テスト展開開始

※1 Society5.0、スマートホーム、スマートタウンの構築に向け、店舗やイベント空間などにおける利用者行動ビックデータの観測・分析・活用方法を企画・試行・普及を行うワーキンググループ。
※2 「ブルックリン ラガー」「JAZZBERRY」「Daydream」「496」の4種類。

【関連リンク】
キリン(Kirin)
キリンシティ(Kirin City)
産総研(AIST)

Previous

ドコモ、AGCと提携し世界初『窓の基地局化』に成功

ソフトバンク、ドローンによる社会インフラ保全サービスを2019年春から提供

Next